今期、早い幕開けとなりましたカラフトマス
サクラマスの釣行記であります。
早朝にやってきたのは道北のオホーツク海
とある河口。既に、この河口ではカラフトマス
釣れたとの情報もあり、夜明けと共に実釣。
今回、久々の釣行となるAzu氏。薄暗い中
ルアーで探ってみるもアタリなし。
管理人たにはフカセで試してみる。
エサはソウダカツオを使用。
んだが、コレにもアタリなし・・・
その後、ウキルアーやら紅イカやらを試してみる
も、全くアタリなし・・・orz
跳ねや足元を泳ぐマスの姿を確認するも、時間
だけが過ぎていきます。




 日も高く上った頃に、場所を移動する事に。
 やや北上した所にある河口に移動するも、まったくダメ。
 結局、疲れも出てきて、小休止なりました。
 軽くメシを食い、次はどうするかと作戦会議。
 会議の末、更に北上し近年有名になってきた河口に行く事
 にしました。
 その場所は人気の場所とあって、数台の車を確認。
 その時、既に午前8時過ぎ。諦めて帰り支度の釣り人も
 見受けられたが、構わず釣り開始。


 私達が開始する頃には釣り人の姿は殆どありません。
 んま、ダメモトってやつですかwww
 その直後、ダメムードを一気に打ち破る出来事が!!
 管理人たにの竿にコツコツッと微かなアタリが・・・
 過去に、サケ・マス類のアタリは小さいと学習していたの 
 で、あわせずに送り込んでみる。
 連続したコツコツに変わったあたりでダメモトであわせて
 みるとキターーーー!
 見事にフックオン!!





しかも、波打ち際でのヒット!ウギャウギャ言いながら必至にリールを巻く管理人。
その傍らでウソ!マジで!?と信じられない形相のAzu氏。
最初はカラフトマスか!?と思っていたが後にサクラマスと判明。
銀ピカリンのとても綺麗な44㎝のサクラマスでした。

それからイッキにテンションの上がるAzu氏と管理人。その直後にまたキター!!っと叫ぶが、カレイでしたw
連続でカレイを釣るものの肝心のヤツは現れない・・・
その後、それらしいアタリを確認するがフックオンせず・・・



その後、疲労もピークに達して終了となりました。
後で聞いた話ですが、尾びれに斑点が無いヤツがサクラマス
(帰宅後に開いてみると、とっても鮮やかな朱色で旨そうなヤツした~雄でしたがw)
この日は結局カラフトマスにお会い出来ませんでしたが、明朝に期待して仮眠を取る魚狩団でした。

                                                         次回に続く・・・・