2007年9月 の魚狩記

2007年9月30日

常呂漁港のサーモンフィッシング。

今回の釣行は、毎年この時期に訪れる常呂漁港でのサーモンフィッシングです。
ここ常呂漁港は毎年数日間ではあるが、釣堀状態になる事で知られる超有名ポイントでございます。
今年も淡い期待を胸に遠路遥々やってきました。 が、到着し漁港を覗いて愕然・・・
どっぷりと濁り倒しています・・・orz 外海も大荒れの状態で波も3~4米はあるのではないかと目測・・・
テトラからの釣りを諦め港内で良さそうな場所を模索する。

すると、港内中央付近の突堤に良さそうなポイントを発見。
辺りはサケを絞めたであろう鮮血が生々しく残っています。
なにより夜釣りでサケを釣っている釣り人を目撃(今思うとヒッカケ隊だったのかも・・・・)
速攻でここで決まりだべwと、後にやってくる釣り友に連絡。
そして、お互いの意見が合致し、そこの場所を確保する事に。
その後、釣り人がわんさかとやってきて、あっと言う間に釣り場が埋まっていきます。

その後、RYOさんと合流し再度場所確認をして早朝に備えて就寝・・・
密かに缶ビール500mlを3本程流し込み、イイ感じで落ちる。

常呂漁港のサケ釣り1常呂漁港のサケ釣り2
常呂漁港のサケ釣り3常呂漁港のサケ釣り4

AM三時頃にhiroさんが到着。
4時頃スタートと打ち合わせをして、時間を待つ。

そして4時を待ち、早速準備。滅茶苦茶冷えるので重ね着で身動きが鈍いオイラ・・・
どうでもいいが、ももひき+ジ-ンズ+レインウエアと、Tシャツト+スウェット+トレ-ナ-+防寒ウエア+
レインウエアを着込み、それでも寒いとブツブツ言いながら釣り座へ向かう。

そして、まだ夜も明けきらない暗い海へ、ケミホタルを装着したウキルアーを投げ込む。
ここ常呂漁港では前年、前々年と真っ暗な内から釣れていたので今回もイケるか!?とチャレンジ。
んだが、そう簡単にはいかなかった・・・
完全に明るくなっても跳ねもモジリも確認できない・・・
勿論アタリもないし・・・・毎度「あっ!アタリだ~・・・!!!あれ・・・!?つーか、ウグイだったよ・・・」と、
誰かが言い出すんだが、ウグイのそれすら無い・・・寂しい・・・↓



そして周囲でも全然釣れてない様子・・・



嫌な予感がする・・・



テカ、前々釣れてないっス・・・orz



よく見ると港内全体では200人程の釣り人がいます・・・



ん!?・・・でも、ピンポイントで釣れてる様子・・・・



だが、私たちの居る突堤では1~2匹程度の実績しかない・・・



そんな絶不調の中でやってくれたのがhiroさんである!!!

















常呂漁港のサケ!

やりましたhiroさん!!
ガップリとルアーをくわえ込んでいます。 しかもこのルアー、なにやら怪しい仕掛けが施されています。
丁度、くわえ込んでる辺りにその仕掛けがあるんですが、残念ながらお伝え出来ません。

サケ・マスに詳しい方なら、なるほど~!!っというような仕掛けですねwww

にしても、タモ入れの際に管理人がお手伝いしたのだが角度と位置が悪く、オラのせいでバラしたら
どうしようと冷や汗モンでしたwww

仲間内の釣果でやる気UPの皆様だったが、その後が続かない・・・

RYOさんにもコツコツとアタリが来たらしいが、なかなか乗らない・・・

管理人にもアタリがきたが、コツコツやってる間際に船が接近して散ってしまう・・・

常呂漁港のサケ2常呂漁港

結局、群れが移動したらしく場所移動することに。

ある、特定の場所でのみ釣れているだけで、管理人たちには釣れる気配無し・・・


濁りです ←酷い濁りでした。

結局、10過ぎに納竿となりました。

テカ、前回も前々回も何れも昼間の時間で釣れていて、気合を入れて早朝から頑張ってる時に限って
釣れません・・・

来週も常呂かな・・・・

2007年9月28日

紋別港第三埠頭ガリンコ号乗り場付近のさけ釣り記。

紋別のポイント今回はサケの様子を見に紋別港へ来ました。
昨年に大爆釣したとあるポイントへ。
既にその場所は地元の釣り人で賑わっていま
した。 そこで顔馴染みの釣り人に遭遇。
最近の様子を聞いてみると、ここ数日釣れてる
との事。爆釣までとはいかないが、外海が大荒
れの為、そろそろ爆発の予感がするとの事で
す。 早朝にはぶっこみの人が十数匹上げて
いたらしいとの事。

その後、紋別第三埠頭のガリンコ号乗り場付
近にも群れが入ってるとの情報を聞き見に行く
事に。




ガリンコ号乗り場付近では数人の釣り人がウキルアーやウキフカセといった仕掛けでサケを狙っている様子。
そこでお知り合いの方がコータックのスプーンを微妙な動きにする為に削り上げたルアーで挑戦し始めた。

 そしてすぐさまサケをゲット!ブナっていますが、ちゃんとバイトしています。
 何時もながら素晴らしい腕前だと思いました。

 
←その時のファイトの様子をご覧になる方は画像をクリック!



ルアーのみで釣れるなら管理人もやってみようと早速準備。
14gのウケ狙いで買った桜柄のスプーンにタコベイトのみでやってみる事に。

 斜路付近に20匹程のサケがバシャバシャしています。
 その群れめがけてルアーを投入。そして数投目で根掛かりかと思うような
 手ごたえが! 大暴れでラインがどんどん出て行くがすぐさまフックアウト↓
 ガックリきたが直ぐに気を取り直しキャストを繰り返す。
 その数分後、ガクガクっといきなりのバイト






なんとしっかり口にくわえています!
すごい引きでなかなか岸よりしません。ラインがギュルギュルと出て行きバレるなよ~と冷や汗モンでしたw
数分間の格闘の末、75cmの銀ピカ鱗のメスゲットとなりました~




ウキを使わないで、しかも↑の桜模様のナイスなスプーンにヒットしたのが今回の釣りのポイントですwww

今期はサケの接岸がかなり遅れているような気がしますが、やっと紋別にも来たかという感じです。
来週あたり爆釣のチャンスがあるかもしれません。


 

↑気がつけば背後にキツネが・・・
餌クレといわんばかりの顔ですが、無闇に餌を与えないようにしましょう。

2007年9月27日

枝幸港のさけ釣り記。

枝幸港のさけ釣り 今回は枝幸港さけを釣りに来ました。
 既に爆釣ポイントは人で一杯・・・
 入れない事も無いが、一番端の開いてる場
 所へ入る事に。準備中にも爆釣ポイントで
 は2~3本連続で釣れてる模様↑
 よく見れば沖でバシャバシャと跳ねまくってい
 ます。今回はウキ・フカセ釣りで棚を2mほど
 取ってみる。餌には塩で思い切り〆たサンマ
 を使用。本当はぶっこみ用に作った餌だが
 なかなかぶっこみする機会が無いので、残し
 てもアレなんで使ってみることに。
 


ウキフカセでさけ釣り 暫くウキを見つめるが全くアタリ無し・・・
 どうもウキ・フカセだと飽きてしまい、キョロキョロと周囲ばかり見てし
  まって、自分のウキから目が離れがちになってしまいます・・・
 テカ、爆釣ポイントで釣れまくってるモンですから自然と視線が
 そちらに向いてしまいます。

 暫くすると、見覚えのある一台の車がやってきた。
 よく見ると、やはりturenai-turishi50さんでした~!
 そしてお隣に入ってもらい一緒に釣りをすることに。

その後、日も落ち夕マズメを迎えた頃、両隣でアタリが来た様子。
左隣のおじさんにもヒットするが、無念のラインブレイクでした・・・

そして、管理人にも待望のアタリが!!
スポっとウキが沈みアワせてみるが、見事に空振り・・・なんだか餌取りのウグイがイタズラしてやがるし・・・orz

暫くして明らかにウグイとは違うアタリが来た!
ウグイのアタリは勢いがあるが、今回のはチョンっと微かに動く鈍いアタリ。
もしやと思い、凝視するが続かない・・・ダメかと思ったところでスっとウキが入った!
まさかとは思ったがヒットです!

枝幸港のさけ

そしてturenai-turishi50さんにお手伝いしてもらい、無事ゲットとなりました。
turenai-turishi50さんありがとうございます。
まだ銀ピカで一見メスのようでオス?みたいな顔のサケですwww
鼻先とアブラビレから大方オスと断定。

その後、暗くなるまで粘るもこの一本で終了となりました。
跳ねも凄いし、明朝は期待できるぞ!っと一瞬泊り込みも考えたが、自宅の猫が気になったので帰宅w
きっとこの記事を書いている今朝は絶好調だった事でしょう。


枝幸港で釣ったさけさけの白子

もしかしてメスでは!?っと、淡い期待を込めて捌いてもらいましたが、やはりオスでしたw

2007年9月24日

網走港第四埠頭のアキアジ釣り記。

網走港第四埠頭本日は網走港第四埠頭にてアキアジ釣り
仕事が長引き予定より大幅に遅れて出発・・・
網走港第4埠頭に到着したころには既に日も
落ちて真っ暗・・・
先に到着していたhiroさんと合流。
hiroさん諸々とありがとうございました。

着いたころには既に入るスペースはありませ
ん・・・噂にはきいていたがここまで混雑してい
るとはビックラw
夕方の様子を聞いてみたが、跳ねもモジリも
無くかんばしくないとのこと・・・
早朝に期待して早めに就寝。




まだ薄暗い朝4:00に準備開始。まだ跳ねやモジリは確認出来ません・・・
明るくなったころにバシャバシャと跳ねだすことを期待しキャストを開始する。
棚を1.5メートル程にセットし赤銀に黒点のスプーン+ピンクのタコベイトを使用したウキルアーで試してみる。
餌に生のソウダカツオを使用。

 ひたすらキャストを繰り返すも、一度モゾっとアタリが来たきりで、期待した
 跳ねやモジリはありません↓
 明るくなり、第四埠頭全体には200人~の釣り人が竿を振っています。
 その割に魚は少ないようで、ポツポツと釣れている程度・・・
 そして管理人がトイレに抜けた僅かな間にお隣りのグループにヒットし
 hiroさんのルアーにもバイトしたがフックオンに至らずとの事・・・

岸壁間際にはカラフトマスが右往左往しており、稀にサケの姿も見られます。
そして大量に湧いているチカの群れ。
hiroさんいつの間にかチカ釣りに転向しています。型の良いチカをガンガン釣り上げていますwww


 

サビキ仕掛けにナイスな餌を付けてから食い気がUPした様子w
その後、第五埠頭で釣りをしていたRYOさんと合流。




なんと第五埠頭でメスのアキアジをゲットしていた模様w
第五埠頭も不調のようで、全体で5本程度しか上がっていなかったとの事・・・

結局、この日は納竿する11時頃までに見える限り全体で20本程度・・・人数に割には不調です・・・
釣れてる様子を見ていても簡単に岸に寄せられすぐにネットインして元気の無い様子。
盛期を迎えても良い頃だと思うのですが、やはり高水温が影響しているのでしょうか・・・

来週は何処へ行ったらよいのか本当に迷います・・・



2007年9月18日

手塩町のシャケイベントと、抜海の鮭釣り記。

 今回は「第25回手塩~秋の味まつり」に
 参加してきました。
 イベントの目玉でもある「シャケの掴み獲り」
 に参加すべく前日から準備に余念の無い管
 理人たちだが、当日は急用で遅れて登場。
 先に到着していた本日参加のメンバーと合流
 すると、無事にシャケの掴み獲り権を獲得
 していた模様。
 生簀には何十匹ものサケが右往左往してい ます。よく見ると既に婚姻色バリバリの達。
 上からでは分かり難いが殆どがオスのように
 みえますw
 






鮭掴み獲りの抽選に当選したメンバーは皆様ゲットできた模様。
ヒグマ並みにパシっと弾き獲っていました。

その後、昼食に焼肉を食らい、抜海へ鮭釣りへ行くことにw









途中、稚咲内港に寄るも釣れてる様子はありません・・・
有無をいわず、抜海へGo!
抜海港に到着するも、釣り人は多く見受けられますが釣れてる気配はありません・・・
肝心のサケですが、既にブナブナのサケがソロで泳いでいます・・・・

人も多く、入れる場所も無いことから外海でポイントを探す管理人とRYO氏。
暫くウロウロし、何気に良好なポイント発見!多くのブナ群れが往来しています。
早速その場所で釣り開始。
管理人はウキフカセで試してみたが、目の前を通過するも食い気全く無し・・・
ウキルアーで挑戦するRYO氏と魚狩団@sachiだがコレもアタリが無い様子・・・

この日は結局不果で終了となりました・・・




翌朝の4時、港内はウキフカセで狙う釣り人で賑わっています。
マズメとあって、そこそこの釣果はあるようですが、のんびりとぶっこみ気分だったので海岸へGo!

抜海港の南側海岸に来てみると、ぶっこみの釣り人が2~3人。

海岸一帯は遠浅になっており、やや深そうなポイントで釣り座を構える事に。
そしてのんびりとディレクターチェアーに腰掛て携帯版mixiを見てヘラヘラしているときに左のぶっこみ竿に異変が!

いきなりグーンと弓なりになり竿立てが倒れそうになる!!
速攻で駆け寄り、アワせてみる。テカ、完全に向こうアワセで掛かっていた感じですw



そして、さほどのファイトも無く疲れた様子でしたが無事ゲットとなりました。
75センチほどの充血して疲れ目気味のブナブナのオスでしたwww
その後、かわいいメスに出会えます様にとリリースです。(かわいいメスというか、既におばさんとうか・・・)



結局この日はリリースしたブナオス一本で終了。
来週はオホーツク海へ行く予定です。



2007年9月11日

枝幸港の鮭釣り記。

枝幸港 本日は枝幸へ出張です。13時30分頃に
 遅めのランチタイム。枝幸港鮭釣りの様子でも
 見ながら、コンビニ弁当でも食べようかと来てみ
 ました。枝幸港新港には30人程の釣り人が
 サケを狙い、ウキルアーウキフカセといっ
 た仕掛けで挑んでいます。
 弁当を食いながら見ていたんですが、全然
 釣れてる気配が無いです・・・
 イスに座り込んで、雑談中の方が目立ち
 ます。そして大気の状態が不安定なのか
 日が差したと思えば、直ぐに雨が降ったりと
 落ち着かない天候・・・


 昼飯も食い終わり、日が差してる間に軽くチャレンジしてみようと早速準備する管理人。

枝幸港でさけ釣り チャッチャと準備をし、ウキルアーで狙ってみる事に。

そして、一投目を投げた数十秒後に奇跡は訪れた!!!
着水後、超スローなリーリング。
そして竿先に微かな違和感を感じたかと思えば、ぐーんと重くなる・・・
え!?え!?え!?っと思っていると銀色の物体がギラギラとウキの真下をうねりだす。
ゴミか!?ぐらいの勢いでアワセもせず巻いてみると、急に走り出した!!
テカ、掛かってるってヲイ!!っと、アワセもしていなかったんでここで強引にアワセてみるが完全に
フッキングしている感じ。
2回ほどジャンプ!マジでサケのようですwww
なんとか岸よりさせて網を手に取ったところでお隣さんがお手伝いしてくれました。感謝です。


枝幸でサケゲット

そして無事ネットインです。
78センチの銀ピカで鱗もポロポロと取れるメスのサケです。
アワセが甘いと感じていたんで、バレるな~~と冷や冷やモンでした。


オホーツク枝幸のさけ

顔中血だらけで申し訳ないです。
今回使ったルアーは「ヘリン」の青銀ハーフの黒点に真ん中に赤いラインが入ったものを使用。
ピンクの段差針のタコベイトをつけ、棚は1.5メートル程取っていました。

その後、岸壁角寄りの釣り人二人にヒットと対岸の釣り人二人にヒットを目撃。
この時点でタイムオーバー。

オホーツクは大荒れ

夕方同じ場所に着てみると、管理人が帰った後バタバタと釣れ出したとの事。
ここ数日、外海が荒れた状態らしく港内に入ってきた模様。
本日も大変荒れた状況なので今後も枝幸港港内では期待ができそうです。

2007年9月 4日

問牧港南側海岸のサケ釣り記。

 今回訪れたのは問牧漁港の南側の海岸
 問牧漁港道北では今一番ホットな場所。
 漁港のテトラは確実に込んでいるんで、比
 較的に空いている海岸でぶっこみ釣りです。
 狙うは魚は勿論サケでございます。

 今回の釣行のメンバーはhiroさんとRYOさんと
 管理人たにの三人。
 皆様ルアーでのフィッシングがお好みとあっ
 て、ぶっこみしながらウキルアーも試してい
 ます。



そして、準備も整っていない頃から一番最初に出したぶっこみ竿に異変を感じるRYOさん。
隣のラインにでも絡んで居るのだろうと思っていたが・・・・



サケ用のぶっこみ仕掛けに、50数センチ程のオスのカラフトマスがかかったようですw
ぶっこんで直後の出来事だったんで、これはイケルぞと調子付く皆様。

その直後、管理人の3本出してる内の一本の竿がぐーーんと弓なりになる!
が・・・・針掛かりぜず・・・・orz

今回はサケぶっこみ釣り定番のフロート+タコベイト付きの仕掛けに、ソーダガツオを塩海老粉で〆た
エサを使用。

そして竿と竿の間からウキルアーで攻めている最中、ぶっこみの一番左の竿に異変が!!
いきなりぐーーーんと弓なりになり、ラインがフケている・・・

もしやと思い、巻いてみると・・・・・・・ググッ!と走りリ出す!!
固めにドラグを調整していたが、走るたびにラインが勢い良く出る。
何とか岸まで寄せ、無事ゲットとなりました~!




 
←その時の動画を見る方は画像をクリック!

75㎝の銀ピカのメスで、まだ鱗がボロボロと取れる娘でした。

その後、ウキルアーで、攻めるもなかなかアタリがありません。
ぶっこみに竿にもアタリはありません・・・・

チェアーに腰掛けて、半分ウトウトと落ちそうなhiroさんと管理人。
そして、気が付けば遠くででRYOさんが何か釣ってるしwww




これまたオスのカラフトマスでした。
見た感じ小さく見えるカラフトマスでしたが、50㎝ジャスト。
何より、自作のルアーにヒットしたのが嬉しかったそうです。

 

その後、アタリも無いまま時間だけが過ぎていきます・・・
気が付けば空は晴天!メチャ気持ちの良い青空でした。



11時を回り、小腹が空いたんで焼肉大会w
勢い良く貪る皆様。猛烈にビールが飲みたくなったが我慢我慢っとw

その間も、アタリ無し・・・・
どうしようもないんで、漁港に偵察に行くhiroさんと管理人。



深夜に偵察に来たときは、入る場所もないぐらい込んでいましたが、今は空いています・・・
ですが、テトラ角付近に陣取ってるぶっこみ隊の場所取りの三脚が痛く目に付く・・・
知ってる限り木曜日ぐらいから陣取っいてるのではないかと・・・

そしてすぐに目に入ったのがサケの群!
結構、浅い棚を泳いでいる模様。そして、漁港内でカラフトマスの団体を目撃!

少しでも確率の高い場所で釣りをしようという事になり、ぶっこみ現場に戻り移動の準備。



場所を移しテトラからの釣りとなりました。
開始後、間も無くしてサケの群が近づいてくる・・・そして、タイミング良くRYOさんのルアーがサケの目前に迫る。
その瞬間、ギラっと魚体をうねらせ一瞬針掛かりしたかのように思えたが、すっぽ抜けでした・・・残念。

 だが、その後すぐにRYOさんの竿にHIT!! 
↑の画像クリックで動画開始!!

RYOさんカラフトマスを1本追加し、合計3本の釣果となりました。

その後も粘る皆様だが、一向にアタリはありません・・・
群の姿も見られなくなり、午後4時を回った時点で納竿となりました。

オホーツク海は高水温が続いていて、岸寄りしたくても寄れない状況なのではないかと・・・
一雨降り、水温が下がった頃に大爆釣の予感が・・・・

 


その後、サケならいるから持って来いよとの事で、実家でさばいてもらいましたw



来週は何処へ行こうかと悩んでますw

釣り情報ポータルFish/up
◇釣りの検索◇釣りバカサーチ
釣りガイド
IRIE-TIME
北海道 旭川サーチエンジン

旭川鮭鱒会
Street Bikers
SnowBreeze
旧魚狩団
魚狩団