お盆休み最終日に来たのは沙留海岸。狙うは勿論カラフトマスです。
前回同行したわき氏とそのご友人で現地へ向かいました。
夕方から来ているRyo氏と22:30頃合流し、状況を聞いてみたがカラフトマスはいるものの、古い群れなのか食いが激渋だとのこと・・・
早朝に漁師さんの網が入るらしく、それまでに新しい群れが入る事を願いながら仮眠とる事にしました。

毎度の事ながら、仮眠を取ろうにも周囲の動きが気になってなかなか寝付けませんw
やはりというか、結局2:00を前にして準備し海岸へ向かう事に。

海岸には既に数人の釣り人がいます。
とりあえず、河口周辺に釣り座を構え夜明けを待ちました。

沙留海岸のカラフトマス釣り

そして3:30頃、薄明るくなった所で開始です。
今回も流れのあるポイントなのでウキルアーで試してみる事にしました。
食いが渋いとの事なので、やや小さめな14gの青銀のスプーンに小さめの青タコベイトを付けてみました。

暫くすると河口の真前のフライマンにヒットするが、惜しくもバラしてしまったようです。
そして、すぐ隣のウキルアーの方にヒット!無事に取り込んだ模様。

そうこうしていると管理人の竿に・・・・

クンッ・・・ククンッ・・・!っと、アタリがきた!!

そしてグーンっと重たくなった所でアワた瞬間に、ブッっと鈍い音と共にラインがヒラヒラと風になびいています。
はい、今回もアワセ切れです・・・

しかも、その後10分程の間に2回もアワセ切れが頻発しました・・・ガックシ↓
ノットもしっかり確実にしたつもりで、ラインのキズも確認したハズだが、マジ参りました・・・
短時間でウキルアー3個とスプーン3個ロストです。
環境にもよろしくないです。

ウキルアーのナイロンの部分でショックを吸収出来るだろうと考えてましたが甘かったです・・・
やはり、面倒でもしっかりとしたラインシステムを組まないとダメですね・・・反省。

沙留海岸のカラフトマス釣り2

かなり凹みましたが、周囲ではバンバン釣れています!
もう予備が無いので、今度はルアー単体で攻めてみます。

以前、問牧でお知り合いになった方に譲っていただいたスプーンを使い探ります。
するとスグにグーンっと竿先に重さを感じた!

今度は慎重にアワをくれた。

なんとか乗ったようだ!

しかも凄く重たいし、走りまくってます。

もしかして・・・と思ったが、やはりお腹から上がってきましたw

沙留海岸のカラフトマス釣り3

セッパリのオスでなかなかのサイズでした。

なんとか、口に掛けたいと奮闘するが、それから苦戦を強いられる事になる。
食いが非常に浅いのです。
ヒットしたかと思えばすぐにバラシ・・・またすぐヒットか!と思えばまたバラシ・・・
十分に送り込んでしっかり食わせたつもりでもバラシ・・・・

バラシバラシバラシの連発でした・・・

んでも、管理人だけではないようで、周囲でもバラシが連発しているようでした・・・

そんな中、Ryo氏が見事にメスをゲットしたようです。
近くに居なかったので画像が撮れませんでした。

結局10本程バラシて群れも遠のいていきました・・・・

沙留海岸のカラフトマス釣り4沙留海岸のカラフトマス釣り5

↑どうでもいいんですが、ヤツメウナギの死体が漂着。
結構衝撃的だったので記念撮影www

5:00過ぎ頃、道中タイヤトラブルに見舞われながらもhiro氏と合流ました。
そして、すぐにヒットさせるもアワセ切れしてしまったようです。


その後、群れも見えなくなり場所を移動することになりました。
向かった先は紋別近郊のとある河口。
そこで釣り終えた釣り人に話を聞いてみると、何人かで7本の釣果だとか。

ダメモトでそのポイントで狙ってみる事にしました。

沙留海岸のカラフトマス釣り6沙留海岸のカラフトマス釣り7

ですが、波が非常に高くて群れも見えません。
河口から遡上するカラフトマスの姿はあるのですが、数が少ないようです。
1時間程ロッドを振るも、コリャダメだということに・・・・

せめて波が穏やかであれば粘りもみせたのですが、この後納竿となりました。
今年はあと何回カラフトマス会えるのか・・・っというか来年まで会えない気がしてきました。

沙留海岸のカラフトマス釣り8沙留海岸のカラフトマス釣り9沙留海岸のカラフトマス釣り10