9月6日、サケを釣るべく走ったのは枝幸問牧漁港です。
毎年ながら混雑を承知で行くのですが、土曜日の夕マズメとあって入るスペースが殆どありません。
割り込んで入るのも嫌なんで、帰り支度を済ませた釣り人を見つけその空いたスペースに入るが、よい場所に入る事が出来ました。
今回同行したRyo氏とそのお父上も同様に良さそうな場所に入れた模様。

問牧漁港のサケ釣り問牧漁港のサケ釣り2

17:00過ぎ頃、管理人もスプーン+タコベイトのみの仕掛で挑む。
そして一投目で何かに引っ掛かり、ズルっと何かが抜けた感触が伝わってきた。
海藻か?と思ったが、なんと!ほぼ新品と思われるスプーンを釣り上げましたwww

それはいいとして、跳ねやモジリは見られません。
だが、周囲でも全然釣れていない中、見事やってくれた男がいた!
なんと、Ryo氏にヒットしているではないすか~!

問牧漁港のサケ釣り3問牧漁港のサケ釣り4

ちーと、ライントラブルもあったが見事ゲットとなりました。
75cmのブナオスで、ウキルアー(赤銀)にエビ塩で〆たカツオでヒットしたそうです。
仲間のヒットに俄然とやる気が沸いてきました!
薄暗くなってきた頃、跳ねも見えてテトラの角付近でヒットした模様。
やはり角付近が良いようで、その近辺で連続で釣れた様子。
だが、コチラにはカスリもせず、ただリールを巻くだけ・・・
その内、跳ねもなくなりこの日は終了となりました。

車内泊とはなかなか楽しいもので、メシを食いビールをかっくらいながら映画鑑賞と洒落込むが・・・
その時事件は起こった!

Ryo氏のタモ網が盗難にあってしまったのです・・・・
ちょいと目を離した20分程の間の出来事で、持ち去ったであろう人物もほぼ断定できていたが、既に姿を消した後であった。

何とも言えない嫌な気持ちで、次の日の釣りが楽しめない空気に・・・
そして、翌日も摩訶不思議な出来事に遭遇するのであった・・・

次回は「問牧漁港のサケ釣り。 -サケの神隠し編-」を更新予定です。

                                                           つづく・・・