2009年3月 の魚狩記

2009年3月22日

イトウ保護条例可決(南富良野町)

イトウ保護条例が可決した模様。
これによって、空知川源流部がイトウ採捕の自粛区域となるわけなんですが、金山湖は保護区外となるようで、釣り人にキャッチ&リリースの協力を求めるとの事。
私たち釣人にできること「無駄な乱獲、産卵場所での釣り」などを本気であらためないといけない時期がやってきた事になります。
釣り人たちの努力で少しでも資源の回復に協力したい所ですが、行政の行う大規模な水路工事や護岸工事によっても大幅にイトウの姿が消えた事も事実です。
人間と自然の生物が住まうこの土地で私たち釣り人が出来る事を少しでも行っていきたいと思いました。

以下2009年3月20日の北海道新聞からです。(※リンク切れが予想されるので原文を載せました)

イトウ保護条例可決 南富良野町 単一魚種で全国初(03/20 07:19)
 【南富良野】上川管内南富良野町町議会は十九日、「町イトウ保護管理条例」を可決した。単一魚種を対象にした保護条例の制定は全国初。産卵場となっている空知川源流部を「採捕自粛」の保護区とする。

 イトウは国の絶滅危惧(きぐ)種。町内のイトウはかなやま湖と上流を行き来して生息し、源流部は世界でも有数の繁殖地となっている。

 条例は十四条からなり、イトウの生息調査や保護管理のための審議会設置を規定。産卵の時期や場所に応じて保護区を設定し、「採捕自粛」とする。保護区外の同湖などは釣りを規制せず、釣り上げた魚の放流(リリース)に協力を求める。

 同町の池部彰町長は「漁業法などの関係で自粛要請の形になったが、条例はイトウと川を守る出発点。町内外に理解と協力を求めたい」と話している。

イトウ保護条例提案へ(南富良野町)

前記事に引き続き、南富良野町もイトウ保護条例提案に踏切る模様。
空知川~金山湖においてイトウの釣りの自粛を求めるとの事。

以下2009年3月16日の北海道新聞からです。(※リンク切れが予想されるので原文を載せました)

イトウ保護条例提案へ 南富良野町 釣り自粛要請(03/16 07:26)

【南富良野】上川管内南富良野町は町内の空知川に生息する絶滅危惧(きぐ)種の大型魚、イトウを保護するため、「イトウ保護管理条例」案を十七日にも町議会に提案する。当初、部分禁漁や罰則を含む内容だったが、漁業法などの関係で町独自の規制が難しく、釣り人に「自粛」を求める条例案となった。

 同町は空知川の上流域にあり、金山ダム湖一帯にイトウが生息。源流部は世界有数の繁殖地となっている。イトウの法的な捕獲規制は現在、漁業権によるもの以外はない。イトウ保護連絡協議会(事務局・東京)によると「イトウはもちろん、一魚種を対象にした保護条例はおそらく全国初」という。

 条例案はイトウを「多様な自然の象徴」と位置づけ、「適正な保護管理を図り、生物多様性の保全と活力あるまちづくりの推進」を目的とする。具体的には、産卵場となる上流部などを保護区として「採捕自粛」、それ以外の場所では釣った後に放流するよう釣り人に協力を求める。生息調査や審議会設置も盛り込んだ。

 当初は「区域や期間を指定して採捕禁止」の規定があり、五万円以下の罰則もあったが、道から「漁業法などに抵触するおそれがある」と指摘を受け、禁漁や採捕数制限部分をいずれも「自粛」に変更。罰則も削除した。

イトウの採捕禁止 条例適用、道が検討

「イトウの採捕禁止」という見出しに驚きました。
検討の対象となる河川が道央の尻別川と道東の斜里川との事。

以下2009年3月10日の北海道新聞夕刊からです。(※リンク切れが予想されるので原文を載せました)

イトウの採捕禁止 条例適用、道が検討 激減水系を対象(03/10 15:50)

絶滅危惧種のイトウ。生息数の安定した河川もあるが、尻別川などでは激減している=2007年5月、道北地方の河川

 絶滅危惧(きぐ)種のサケ科の淡水魚イトウの保護策について、道は、後志管内の尻別川など生息数が激減している水系では、固有の遺伝子を持つ地域個体群として道希少種保護条例で指定し、釣りを含む一切の採捕を禁止することを検討している。生息状況などのデータを集めて、専門家の検討委員会に諮り、早ければ新年度中に指定する。

 道によると、イトウは現在、道内の少なくとも十三河川に生息するが、環境省の絶滅危惧1B(絶滅危険度が二番目に高い)に指定されている。

 道北の猿払川水系などで比較的生息数が安定している一方、道央の尻別川や道東の斜里川などは絶滅が心配される。イトウは地域ごとに遺伝子のタイプが異なることも分かってきている。

 このため、尻別川や斜里川など三-四河川については貴重な地域個体群として、二〇〇一年施行の道希少種条例で指定し、採捕禁止の対象として保護することを検討中だ。

 これ以外の河川の釣りについては、宗谷管内猿払村などで、産卵期には釣りは産卵場所の下流で行い、釣り上げても放流する-などの自主的なルールが定着していることを踏まえ、規制は行わない方針。

 さらに、河川工事を行う道建設部や開発局、森林管理局、北海道防衛局などに対し、生息河川の環境保全を要請する。魚の往来を妨げる工作物を造らないことや産卵床の保護などが含まれる見通し。自然保護団体などの「イトウ減少は釣りなどよりも、開発による河川環境破壊の影響が大きい」との批判にこたえる格好となる。

 道は「イトウの保護に向け、全道一律ではなく、流域ごとにより実効ある方策を早急に講じていきたい」(自然環境課特定生物グループ)としている。

2009年3月 9日

2009年 朱鞠内湖のワカサギ釣り。

久々の更新です。
別に忙しいワケではないんですが、冬場の管理人は活性が下がってしまい中々釣りに出かけないようで笑)

朱鞠内湖のワカサギ釣り

さてさて行ってきたのは約一年ぶりとなる朱鞠内湖。
狙うは勿論ワカサギです。

朱鞠内湖のワカサギ釣り2

この日は生憎の天候で時折吹雪く始末。
早速、テントを張り終えて挑むも、開始時間が8時と遅い時間。つーか、もう終わっちゃう時間だったりして。

朱鞠内湖のワカサギ釣り3

なんだかんだしながらもようやく釣れだしました~!
だが、ちっさいサイズが多く、5~6cmクラスでおお!デカイっと歓声がw

だが、時間と共にみるみる釣果が落ちていく・・・
10時をまわる頃には10数分に1匹と悲しい音楽が聞こえてきそうでした。

で、11:30にはもう撤収・・・・
トータルで20匹とヒュールリ~な釣果でした・・・

かきあげそば ←帰りに寄った霧立亭のかきあげそばが旨かったのが救いでした。

2009年3月 6日

余市沖でサクラマスゲット!

 投稿画像をUPしました。           
TKDNさんの投稿画像です TKDNさん画像投稿ありがとうございました。

積丹にてサクラマスゲット!

 投稿画像をUPしました。           
ウルフさんの投稿画像です ウルフさん画像投稿ありがとうございました。

釣り情報ポータルFish/up
◇釣りの検索◇釣りバカサーチ
釣りガイド
IRIE-TIME
北海道 旭川サーチエンジン

旭川鮭鱒会
Street Bikers
SnowBreeze
旧魚狩団
魚狩団