屈斜路湖でチップ釣りたい。前回からの続き・・・なんですがGW二日目の釣行です。
美幌峠から見る屈斜路湖は絶景でした。

屈斜路湖は道内で二番目に大きい湖で、一番はサロマ湖だそうです。(淡水では屈斜路湖が一番デカイ!)
屈斜路湖は火山活動の影響で出来たカルデラ湖で、サロマ湖は元は海だった場所が砂で塞き止められ出来た海跡湖(かいせきこ)と呼ぶらしいです。
そして昭和13年には大規模な地震の影響で殆どの魚が死滅したと言われています。(湖底の泥や砂が舞いあがりエラが詰まったという説が有力?)

その地震を境に温泉が湧くようになり、砂湯なんかも出来たとか・・・
それから数十年が経ち、放流活動や生き延びた魚たちが繁殖を繰り返してその数を増やしていく事になるのです。
そして今では全国で数十ヶ所でしか繁殖がみられないチップ(ヒメマス)が生息する湖で、北海道では阿寒湖や道東の一部の湖で繁殖が確認されています。
チップという呼び名はこのサイトでも度々登場するアンパンマンさんから聞いた話ですが、ケミチップ湖が原産の魚という事から略してチップと呼ぶようになったそうです。

・・・っと、いつになく前置きが長くなってしまいましたが本題に入ります。

屈斜路湖でチップ釣りたい2AM6:00 快晴の屈斜路湖です。
湖畔での車中泊でしたが、それ程気温も下がらず目覚めも爽やかでした。
さっそく教えて頂いたポイントに入りますが、数人のアングラーとフライマンが入釣していました。
やや離れた場所でルアーを振ってみる事に。
チップはやや上層~中層を泳いでいるそうで、ボートからではトローリングが有名ですね。
去年からオールマイティーで使ってるスプーンを投げていますが、アタリなし。
近辺の方々も同じくアタリが無いのか岸辺の砂にウェイダーごと埋まって暖をとっています。試しにちょっと掘ってみたら暖かいぞ~!さすが屈斜路湖だぜ!

屈斜路湖でチップ釣りたい3それから数時間ルアーを振るもピクリともしません・・・
流石に心も折れかけ餌釣りでもと、の~んびり足を砂に埋めながらぬくぬくとぶっこむ事にしました。
一投目をぶっこんだ直後、激しいアタリがきたのです!
さすが餌釣りだぜ~っと、意気揚々と巻き上げますが・・・・
金色のバカデカイゆぐいでした。
それにしても金色w

結局、ゆぐいの連発で終了しました。
残念ながらチップに出会えず・・・無念。
近日、また訪れてみたいと思います。

屈斜路湖でチップ釣りたい4屈斜路湖でチップ釣りたい5
日もすっかり高くなり、湖畔で焼肉をおっぱじめましたとさ。

屈斜路湖でチップ釣りたい6屈斜路湖でチップ釣りたい。
魚も釣れず、寂しかったんで美幌峠に長居して帰りました・・・・