抜海漁港のサケ釣り今年もいよいよサケ釣り開幕です。
毎年8月下旬にサケ網が入る前の恒例釣行です。
今回は前日入りしている釣友と入れ替わりで、抜海港ではかなり釣れていたと聞いたトイレ前角付近に入る事が出来ました。
角からは30mは離れていますが、かなりの良ポイントです。
到着したのが18:00過ぎでかなりの強風でした。
予報では風速10mと明朝が恐ろしく心配になりました・・・
時折、跳ねる姿も見え翌朝に備え軽く呑みつつDSしつつ仮眠です。


抜海漁港のサケ釣り2翌朝4:00まだ薄暗い中早速釣り開始です。
心配していた風はかなり落ち着き釣りするには問題がなさそうです。
抜海では定番とされるウキフカセで棚を2.5mとった仕掛で挑んでみます。
ただ、気になるのが跳ねやモジリが確認出来ないこと。
サケなら暗らい内からでも跳ねまくってるのは何度も目撃しているのでやや心配に。
だが、ようやく明るくなり、港の中心付近で跳ねを確認!
そんなに遠くてはフカセでは話にならんだろ!っとスプーン+タコベイトで遠投をしてみた。
何度か投げたころ・・・・!
キマシタ!きましたよ!!ヒットしましたよ!!!

思わずヒットっと声に出てしまい、うりゃ!っと数回アワセを入れたところでスッポ抜け・・・
この後、帰るまで悔しさを引きずる事になるのです。

群れも遠く、ルアーがいいぞ!っと言う事になり今回の同行者のRYOさんもウキルアーにチェンジです。
それから暫くしてRYOさんのウキに変化が!
見事にRYOさんヒット!
「カラフトかな~!?」とか呟きながら格闘してたんで引きが弱かったのかな??
その後、タモ入れをお手伝いして見事ゲットとなりました。
RYOさん改ためておめでとう~~!
上の画像がRYOさんの釣ったサケです。

仲間での釣果は嬉しいもんですね。少しホっとし釣り再開するが後が続きません。
フカセに買えてみたりまたルアーだとか、跳ねてるから単体がいいだのと昼まで粘りましたが、それ一本で終了となってしまいました。


さて、私達以外の様子はというとトイレ前右角とその付近には25人の釣り人がギュウギュウに入っていました。
人数が多いのもあって、決して爆とは言えないがコンスタントに釣れているようでした。
恐らく昼に帰るまでに多く見積もって25本~30本ぐらいは釣れていたようです。
トイレ前のラインでは恐らく10本程度で、左角ではそんなに釣れていない感じでした。

抜海港全体となると100人以上の釣り人がいたと思います。
南防波堤にもかなりの人が見えてましたが、殆ど釣れていなかったようです。
結局、ほんの一部分でしか魚がいないようで、殆どの方がボという状況だった模様。

今年は過去20年間で最もサケの回帰率が悪いとも報道されています。
例年の抜海では1度や2度は爆発を起こしているハズなんですが、シーズンインしたばかりとはいえ、心配になりますね。

あと、転落事故が発生してしまいました。
幸い最悪の事態は逃れましたがライフジャケットの必要性を改めて感じました。