朱鞠内湖のわかさぎ2/13、三連休の最終日に朱鞠内湖へワカサギ釣りに行ってまいりました。
所属するアウトドアサークルAOC(旭川アウトドアサークル)の恒例イベントです。
数日前までの天気予報では暴風雪と最悪な予報が発表され、当日の釣行は絶望的かと思われたが・・・
釣行日の前々日には曇り時々雪と回復傾向の予報に変わり、難なく釣行できそうな雰囲気です。
当日、5:00に旭川を出発し、朱鞠内湖に到着したのが6:45分頃。
どうやら、夜明けの5:40頃開門になったようです。

朱鞠内湖のワカサギ予報通り、風速3m・気温も6:00で-9℃と比較的穏やかな朱鞠内湖で釣り日和となりそうな予感です。
参加メンバーの情報でひょうたん沢のとあるポイントが良いとの情報で釣り座を構る。参加メンバーの一人が初心者さんの手ほどきをしている最中、餌なしでワカサギゲット!
こりゃ幸先エエワ~っと、意気揚々と釣り開始!
すぐにワカサギゲットとなりました。
去年のにが~い思い出(去年は大人数だったのでパオを借りたが、ボ者続出!)があったが払拭されました。。。

朱鞠内湖の公魚それにしてもサイズのバラつきが著しく、標準サイズを大きく下回るワカサギが目立ち、7~8㎝のワカサギが大きく見える程。
釣り方としては、ワカサギのサイズが小さいので1号針を使用。面倒でも餌(今回は赤サシ)を半分にカットし、マメに交換する事。
これで、不調だった前半から数を伸ばしました。
ま、当然ですが餌の交換はどの釣りでも重要ですね。

朱鞠内湖のワカサギさん朱鞠内湖の氷上穴釣りはワカサギだけではありませんね。
今回もダメモトでサクラマスを。。。間違ってイトウなんかも・・・と淡い期待を込めて仕掛けを投入。
今回は気合を入れて、サクラマスの本格仕様の仕掛けを投入し良し悪しはわからんが餌に宗田鰹まで用意してみた。。。
投入してまもなくし、竿先に付けたと思われる鈴の音が聞こえた。
まさかとテントを飛び出し、様子見。
ロッドに手を掛けようとした瞬間目の前で鈴が鳴り響く!が、ヒットには至らず・・・残念。
エサが大きかったのか、うぐいの仕業だったのか今は知る由もない。。。

今回は3桁を釣ったメンバーさんもいて、満足のいく釣りになったようでした。
何より、メンバーがメンバーだっただけに終始笑いの絶えない釣行でした。
また来月の釣りも楽しみです。