2011年6月 の魚狩記

2011年6月12日

【2011】留萌三泊埠頭でマメイカ爆釣!

三泊埠頭今回予定していた屈斜路湖遠征がまたも中止となり、先日マメイカが好調だったのを思い出し行き先を急遽変更。
マメイカ釣り初挑戦のKG氏と共に向かった先は、マメイカの一級ポイントである三泊埠頭。(通称石炭埠頭)
到着したのが14:00頃。大型船の入港もないようで、隙間無く並んだ車列を確認。
もしかして入る場所無い!?っと思ったが、一台入れる場所を発見。両隣の方にあいさつをして間に入れてもらいました。
KG氏もご満悦この日は曇り予報で若干雨の心配もしたが、なかなかの天気で絶好の釣り日和となり、屈斜路湖に未練のあるKG氏は行けたんじゃね~のかぁ~!? 今から行こうぜ~!っとタラタラです。
それでも開始一発目からマメイカゲットでご満悦の様子のKG氏でした。

管理人も早速開始で、同じく一発目からマメイカゲット。前回同様、マメイカの魚影が濃いようでワンキャストワンヒット!というか、空振りするほうが稀な程釣れます!

イカもっさり!マメイカは岸壁から3~4mの底付近を回遊しているようで、遠投をしないちょい投げでフォール中に掛ってくるのを狙うほうが断然効率が良いようでした。
フォール中にさらにアクションを加えると更に良い感じでした。
稀に、水面近くまでまでエギを追ってくるマメイカの集団もあり、エギに抱きつく瞬間も見れたりと、不思議なイカの動きをじっくり観察することができ勉強にもなりました。

結局飽きっぽいKG氏がもう十分じゃね!?っという事で16:30頃終了。
約、2時間半の釣りでしたが、KG氏多分20杯ぐらい、管理人60杯と十分な釣果でした。
イカが石炭粉まみれになるので、ちゃんとした画像が撮れず・・・
最後まで沖漬にしたかった・・・とブツブツ言うKG氏でした。


2011年6月11日

留萌でマメイカ釣れています!

留萌某所6月9日、留萌方面で仕事を終えた17:30頃、何気なく留萌某所へ向かった。
釣り人は5人。なにやら怪しげなタックルで忙しげにしております。
釣れているのはなんとマメイカ!
留萌のマメイカといえば、三泊埠頭や古丹浜埠頭が有名だが、こんなサラリーマンが忍んで昼寝に訪れるような場所でもマメイカが釣れるなんて衝撃的でした。
こりゃ一発私も参戦するしかありません。

マジ入れ食い!時期が時期なだけに、もしかして!?と、エギもしっかり持参してたのです。
そしてファーストキャストでゴミでも引っ掛かったような感覚・・・
引き上げてみるとマメイカでした!
こんな調子でワンキャストワンヒットを繰り返し、数十分で画像のような釣果。

29杯でござる!それからも絶好調とはこの事か、空振りする事のほうが稀な勢いでした(笑)
1時間ちょい経ったころ頃でしょうか、ぽつらぽつらと雨が降り、止む無く撤収いたしました。
実家へ寄り、数を数えたところ29杯の釣果!
以前に何度かマメイカを釣りにきていますが、これ程釣れたのは初めての経験。
5人で来て、1日粘ってトータルの釣果が4~5杯だったなんて事もありましたが、今季は魚影の濃さがハンパないようです。
近日また来てみたいと思います。

それにしても携帯電話のカメラでも意外と綺麗に撮れるもんなんだな~っと、最近つくづく思います。

2011年6月13日

97cmのイトウに会えました。

道北のイトウポイント六月の上旬、道北のとある河川にイトウを求めてやってまいりました。
早朝6:00、前回~前々回と実績のあるポイントへ向かいました。
対岸に先行者2人がいるだけで、他には見当たりません。
さっそく準備を整え川辺に向かうと、トゲウオを追い立てるなんとも荒々しい音が聞こえ、テンションも上がってきます。
今回は使うルアーは「Reptilia」シリーズのなんとなくトゲウオに見えなくもないグリーン系6gをチョイスしました。
97センチのイトウゲット。早速、岸間際のボサ下を狙いながら上流に進んでいきます。
少し進んだ所でチェイスしてくるイトウを目撃。が、後が続かない。
浅瀬から深みへ落ちるトゲウオの演出をしたり、ヨロヨロと弱った泳ぎをさせたりと試してみたが、なかなか食わない。
何度か色や形を変え、試行錯誤を続ける。そしてソフト系のブツに交換した途端にガツンとヒット!しかもデカイデカイ!
上流に走られ、深みに潜られながらもなんとか寄せてみる・・・・が、デカイデカイ!
これはメーターオーバーかっ!?っと、なんとか弱ってきた所で半分川に落ちながらなんとかゲットする事に成功!

体長を測ってみると97センチ!惜しいっ!あと3センチ!何度も測っては魚が弱り切ってしまうので画像もそこそこにすぐにリリース。
力強く深みに消えて行きました。
と、ここで本業がああるので8:00頃、朝の部終了としました。

92センチのイトウ同日の17:30過ぎ、夕方の部開始です。
今度は、今朝のポイントから下流に下っていく事にしました。
下る事数十メートルの所で草陰に潜むイトウを発見。トゲウオを待ち構えているのか同じ場所から動かない。
そこで目の前にルアーを泳がせ見た。
すると・・・反応アリ!が、食うまでに至らない。
そこで、早巻きで様子を見ると・・・
ヤバイ、ちょいと驚かせたのか、反転して逃げてしまった・・・っと思いきや、また元の位置に落ち着く。
そこでもう一色あるグリーン系のルアーにチェンジして、今度はゆっくりと目の前を泳がせてみた。
・・・・・なんと食った!!が、イトウのパワーを舐めていた・・・・フックが曲がりきってバラシてしまったっす。。。
いやいや惜しいし、かなりのサイズで目測でメーターはあると睨んでいただけに痛かった・・・予想通りの結果なだけに、面倒がらずにキチンとしたタックルで挑むべきでした。

やっぱでけ~なそこで、チヌークに付いてるフックに付け替えてみた。
小さなミノーだけに大きなフックではバランスが悪いが、動きが若干抑えられて良い感じである。
その後、岸際を狙い数メートル下った所で82cmと92cmを連続でゲット!
泥濘に足を取られ身動きもままならず、大暴れするイトウでウエアは泥だらけ。顔も勿論泥んこパック並みです。
なんとか画像を撮って、リリースしましたがカメラも当然ドロまみれ・・・
その後19:00頃まで粘り、うす暗くなったところで一本バラシて終了としました。

道北はいいな~なんとか今年もイトウに会う事ができました。年々少しずつではあるが、なんとなくイトウ釣りのポイントがわかってきたような気がします。
今季も機会があればまたイトウに会いたいですね。

それにしても道路以外の人口建造物が一切視界に入らないこの農道、今が一番良い季節かも・・・

2011年6月 9日

オホーツク海のサクラマスフィッシング

北オホーツクサクラマス更新がちょいと遅れましたが6月某日、さしたる期待感も無くオホーツク某所へやってきました。
あわよくばサクラマスを・・・!っと、今回新たに仕入れたジグミノースーパーウルム26gイワシカラーをひたすらキャストするのでありました。

滅多にしないランガンではありましたが、200メートル程撃ち歩いた所で本来のジグミノーの在り方について考え直し、フォールする時間を多めにしてみた・・・

サクラか!?あら海アメすると・・・・!?
フォール後のアクションで妙な重さを感じた!
見えてきた魚体は銀白ではあるが、一直線に曳きずられるように抵抗も見せる事無く、その弱弱しげな魚はあっさりと砂浜へと引きずりあげられたのでございます。
その正体は35cm程の海アメマスでございました。
砂浜で大暴れし、テンプラ状態の海アメですが、その抵抗を海中で見せくれればなぁ~などと身勝手な考えを廻らせ。それでもしっかり画像撮らせてもらい海へ戻ってもらいました。
難破船・・・その後、同じようなサイズの海アメが2匹遊んでくれましたが、やはりサクラマスに出会いたい。
そこで、この難破船だろうか?この有名ポイントを後にし、ぐ~~~~~んと南下するのでした。

独自に開拓したポイントぐ~~~~~んと南下し次にやってきたポイントは玉砂利のサーフ。
なぜここのポイントを選んだのかは別な理由もあったのですが、ここでは敢えて伏せさせていただきます。

サクラマス遂にゲット!ここでもやはりスーパーウルムをチョイス。というか対サクラ用はコレしか用意してないワケでして・・・
あるのは使い込んだチヌクークシリーズが数点あるだけ。
10m程撃ち歩いた時でした。波打ち際から数メートル所でヒット!
ゴンッ!ジィーーッ!っとまではいかなが先ほどの海アメとは明らかに違うファイト。
南国を思わせる透明度の高い海中からギラギラと魚体を輝かせて見えてきたのは紛れもなくサクラマスでした!
44㎝とオホーツクのサクラでは平均的なサイズなのではないかと思います。

スーパーウルム!その後も何度かそれらしいアタリがありましたが、ヒットに至らず・・・
今回はそれほど期待をしていなかっただけに、非常に嬉しい一本となりました。
それにしてもスーパーウルム26g、なかなか良い仕事をしてくれました。
私の数少ない一群のルアーコレクションの仲間入りを果たしました。
っというか、この機会にコレクションしてみようかと。。。
オホーツクのサクラはまだ始まったばかり。暫くは楽しめそうです。

2011年6月 5日

メーターサイズのイトウ遂にゲット!

azuさんの釣果ですazuさんの釣果です。

積丹方面でサクラマスゲット!

S・Water★wolfさんの釣果です。 S・Water★wolfさんの釣果です。

釣り情報ポータルFish/up
◇釣りの検索◇釣りバカサーチ
釣りガイド
IRIE-TIME
北海道 旭川サーチエンジン

旭川鮭鱒会
Street Bikers
SnowBreeze
旧魚狩団
魚狩団