北オホーツクサクラマス更新がちょいと遅れましたが6月某日、さしたる期待感も無くオホーツク某所へやってきました。
あわよくばサクラマスを・・・!っと、今回新たに仕入れたジグミノースーパーウルム26gイワシカラーをひたすらキャストするのでありました。

滅多にしないランガンではありましたが、200メートル程撃ち歩いた所で本来のジグミノーの在り方について考え直し、フォールする時間を多めにしてみた・・・

サクラか!?あら海アメすると・・・・!?
フォール後のアクションで妙な重さを感じた!
見えてきた魚体は銀白ではあるが、一直線に曳きずられるように抵抗も見せる事無く、その弱弱しげな魚はあっさりと砂浜へと引きずりあげられたのでございます。
その正体は35cm程の海アメマスでございました。
砂浜で大暴れし、テンプラ状態の海アメですが、その抵抗を海中で見せくれればなぁ~などと身勝手な考えを廻らせ。それでもしっかり画像撮らせてもらい海へ戻ってもらいました。
難破船・・・その後、同じようなサイズの海アメが2匹遊んでくれましたが、やはりサクラマスに出会いたい。
そこで、この難破船だろうか?この有名ポイントを後にし、ぐ~~~~~んと南下するのでした。

独自に開拓したポイントぐ~~~~~んと南下し次にやってきたポイントは玉砂利のサーフ。
なぜここのポイントを選んだのかは別な理由もあったのですが、ここでは敢えて伏せさせていただきます。

サクラマス遂にゲット!ここでもやはりスーパーウルムをチョイス。というか対サクラ用はコレしか用意してないワケでして・・・
あるのは使い込んだチヌクークシリーズが数点あるだけ。
10m程撃ち歩いた時でした。波打ち際から数メートル所でヒット!
ゴンッ!ジィーーッ!っとまではいかなが先ほどの海アメとは明らかに違うファイト。
南国を思わせる透明度の高い海中からギラギラと魚体を輝かせて見えてきたのは紛れもなくサクラマスでした!
44㎝とオホーツクのサクラでは平均的なサイズなのではないかと思います。

スーパーウルム!その後も何度かそれらしいアタリがありましたが、ヒットに至らず・・・
今回はそれほど期待をしていなかっただけに、非常に嬉しい一本となりました。
それにしてもスーパーウルム26g、なかなか良い仕事をしてくれました。
私の数少ない一群のルアーコレクションの仲間入りを果たしました。
っというか、この機会にコレクションしてみようかと。。。
オホーツクのサクラはまだ始まったばかり。暫くは楽しめそうです。