カラフトマスフィッシング!久々の更新です。
仕事に追われてプライベートも大会の準備などで、更新が滞ってしまいました。
さて、いよいよカラフトマスシーズンの開幕です。
6月下旬から始まった北オホーツクに続き、7月の上旬には釧路・斜里方面などで釣れたとの情報がありましたが、やっと雄武近辺でも釣果が聞こえてきました。
7月24日には旭川鮭鱒会の開催する「第一回カラフトマス大会」が行われました。
その時の様子は、コチラに詳しくありますので、当サイトは簡単なレポートに留めておきます。

カラフトゲット!当日は潮回りが悪く、どのポイントでも苦戦を強いられていました。
10:30過ぎ、計量時間も間近とあって、諦めムードが漂う中、鮭鱒会副会長が連続で2本ゲット。
いきなり優勝候補者となったわけです。
それにしても、薄いピンクをまとった7月のカラフトマスはとても美しい。

ゴミ拾い計量時間になり、副会長の優勝が決定。二位以下が出なかったのがとても残念でした。
賞品は次回大会に持ち越しになります。

大会終了後には参加者全員で、釣りをさせてもらえる事に感謝の気持ちをもって周辺漁港のゴミ拾いを行いました。


2011-07-24-0009.JPGさすがに、港内全域とはいかず、狭い範囲でしたがゴミ袋11枚分のゴミが集まりました。
サケマスシーズンが本格化すると、僅かではありますが、ゴミを置き去りにする心ない釣り人が現れます。
私も含め、皆様の趣味である楽しい釣りを末永く続けられるよう、皆さんのご協力をお願い申し上げます。

大会終了後も熱かった!実は、大会終了後に釣果を出した仲間が2名いました。
13:00頃に1本、14:30頃に1本15:00頃に1本と、計3本も出ました・・・・(管理人は14:30には帰路につきました)
早朝からこのポイントに入っていれば、入賞が大幅に増えていたかもしれません。