ぽこっぺ10月14日、紋別郡のとある小さな漁港へサケ釣りに行ってまいりました。
この日は低気圧の影響で高い波とうねりで港の外は大荒れ。
AM5時過ぎ、 港内は若干の濁りがあり、波が容赦なく防波堤を越えてくる。
到着早々、会長の横に釣り座を構えた途端、会長にヒット!
まだ薄暗い中のヒットで多少タモ入れに手こずったがなんとかゲット。
そして次に私のウキがずっぽりと沈みヒット!
そこから7時前までヒマな時間がありませんでした。

サケ爆りました

追加~AM7時前までに10本ゲット。
モノが悪いのもいるが、まだまだ光ってるのも釣れて満足のいく釣りでした。
それからが問題でピタリとアタリが止まり、全く魚の気配が無くなった。
それでも頑張って昼前に終了するまでに3本追加でした。
恐らく、9時から昼前までに全体で6~7本ぐらいしか釣れてなかったのを考えると3本追加は良いほうか?
群れが去るとこんなもんですよね・・・このサケ釣りってもんは。
この日はトータル13本で終了しました(画像取り忘れ含む)

さて、台風26号が過ぎたワケですが北オホーツク~中部は波の影響は少なかったようで漁船も出港出来るほどだったと。
てっきり大荒れで漁網も全部外してるもんだと思い込んでただけに微妙な感じです。
それでも荒れた後の漁港は気になるんですがね・・・