<< 前のページへ |  1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7  |  8  |  9  | 10 |  11  |  12  |  13  |  14  |  15  |  16  |  17  |  18  |  19  |  20  |  21  |  22  |  23  |  24  |  25  |  26  |  27  |  28  |  29  |  30  |  31  |  32  |  33  |  34  |  35  |  36  |  37  |  38  |  39  |  40  |  41  |  42  |  43  |  44  |  45  |  46  |  47  |  48  |  49  | 次のページへ >>

97cmのイトウに会えました。

道北のイトウポイント六月の上旬、道北のとある河川にイトウを求めてやってまいりました。
早朝6:00、前回~前々回と実績のあるポイントへ向かいました。
対岸に先行者2人がいるだけで、他には見当たりません。
さっそく準備を整え川辺に向かうと、トゲウオを追い立てるなんとも荒々しい音が聞こえ、テンションも上がってきます。
今回は使うルアーは「Reptilia」シリーズのなんとなくトゲウオに見えなくもないグリーン系6gをチョイスしました。
97センチのイトウゲット。早速、岸間際のボサ下を狙いながら上流に進んでいきます。
少し進んだ所でチェイスしてくるイトウを目撃。が、後が続かない。
浅瀬から深みへ落ちるトゲウオの演出をしたり、ヨロヨロと弱った泳ぎをさせたりと試してみたが、なかなか食わない。
何度か色や形を変え、試行錯誤を続ける。そしてソフト系のブツに交換した途端にガツンとヒット!しかもデカイデカイ!
上流に走られ、深みに潜られながらもなんとか寄せてみる・・・・が、デカイデカイ!
これはメーターオーバーかっ!?っと、なんとか弱ってきた所で半分川に落ちながらなんとかゲットする事に成功!

体長を測ってみると97センチ!惜しいっ!あと3センチ!何度も測っては魚が弱り切ってしまうので画像もそこそこにすぐにリリース。
力強く深みに消えて行きました。
と、ここで本業がああるので8:00頃、朝の部終了としました。

92センチのイトウ同日の17:30過ぎ、夕方の部開始です。
今度は、今朝のポイントから下流に下っていく事にしました。
下る事数十メートルの所で草陰に潜むイトウを発見。トゲウオを待ち構えているのか同じ場所から動かない。
そこで目の前にルアーを泳がせ見た。
すると・・・反応アリ!が、食うまでに至らない。
そこで、早巻きで様子を見ると・・・
ヤバイ、ちょいと驚かせたのか、反転して逃げてしまった・・・っと思いきや、また元の位置に落ち着く。
そこでもう一色あるグリーン系のルアーにチェンジして、今度はゆっくりと目の前を泳がせてみた。
・・・・・なんと食った!!が、イトウのパワーを舐めていた・・・・フックが曲がりきってバラシてしまったっす。。。
いやいや惜しいし、かなりのサイズで目測でメーターはあると睨んでいただけに痛かった・・・予想通りの結果なだけに、面倒がらずにキチンとしたタックルで挑むべきでした。

やっぱでけ~なそこで、チヌークに付いてるフックに付け替えてみた。
小さなミノーだけに大きなフックではバランスが悪いが、動きが若干抑えられて良い感じである。
その後、岸際を狙い数メートル下った所で82cmと92cmを連続でゲット!
泥濘に足を取られ身動きもままならず、大暴れするイトウでウエアは泥だらけ。顔も勿論泥んこパック並みです。
なんとか画像を撮って、リリースしましたがカメラも当然ドロまみれ・・・
その後19:00頃まで粘り、うす暗くなったところで一本バラシて終了としました。

道北はいいな~なんとか今年もイトウに会う事ができました。年々少しずつではあるが、なんとなくイトウ釣りのポイントがわかってきたような気がします。
今季も機会があればまたイトウに会いたいですね。

それにしても道路以外の人口建造物が一切視界に入らないこの農道、今が一番良い季節かも・・・

オホーツク海のサクラマスフィッシング

北オホーツクサクラマス更新がちょいと遅れましたが6月某日、さしたる期待感も無くオホーツク某所へやってきました。
あわよくばサクラマスを・・・!っと、今回新たに仕入れたジグミノースーパーウルム26gイワシカラーをひたすらキャストするのでありました。

滅多にしないランガンではありましたが、200メートル程撃ち歩いた所で本来のジグミノーの在り方について考え直し、フォールする時間を多めにしてみた・・・

サクラか!?あら海アメすると・・・・!?
フォール後のアクションで妙な重さを感じた!
見えてきた魚体は銀白ではあるが、一直線に曳きずられるように抵抗も見せる事無く、その弱弱しげな魚はあっさりと砂浜へと引きずりあげられたのでございます。
その正体は35cm程の海アメマスでございました。
砂浜で大暴れし、テンプラ状態の海アメですが、その抵抗を海中で見せくれればなぁ~などと身勝手な考えを廻らせ。それでもしっかり画像撮らせてもらい海へ戻ってもらいました。
難破船・・・その後、同じようなサイズの海アメが2匹遊んでくれましたが、やはりサクラマスに出会いたい。
そこで、この難破船だろうか?この有名ポイントを後にし、ぐ~~~~~んと南下するのでした。

独自に開拓したポイントぐ~~~~~んと南下し次にやってきたポイントは玉砂利のサーフ。
なぜここのポイントを選んだのかは別な理由もあったのですが、ここでは敢えて伏せさせていただきます。

サクラマス遂にゲット!ここでもやはりスーパーウルムをチョイス。というか対サクラ用はコレしか用意してないワケでして・・・
あるのは使い込んだチヌクークシリーズが数点あるだけ。
10m程撃ち歩いた時でした。波打ち際から数メートル所でヒット!
ゴンッ!ジィーーッ!っとまではいかなが先ほどの海アメとは明らかに違うファイト。
南国を思わせる透明度の高い海中からギラギラと魚体を輝かせて見えてきたのは紛れもなくサクラマスでした!
44㎝とオホーツクのサクラでは平均的なサイズなのではないかと思います。

スーパーウルム!その後も何度かそれらしいアタリがありましたが、ヒットに至らず・・・
今回はそれほど期待をしていなかっただけに、非常に嬉しい一本となりました。
それにしてもスーパーウルム26g、なかなか良い仕事をしてくれました。
私の数少ない一群のルアーコレクションの仲間入りを果たしました。
っというか、この機会にコレクションしてみようかと。。。
オホーツクのサクラはまだ始まったばかり。暫くは楽しめそうです。

ハンドメイドミノーでニジマスフィッシング

ハンドメイドミノー前回、ハンドメイドミノー「Reptilia」のご紹介をしましたが、休日となれば雨というとっても憎たらしい天候でなかなか釣りに出かけられませんでした。
この日は、久々に晴れ予報の休日だったのですが、早朝から取引先の用事が入り、その用事を終えた午後からの釣りとなりました。

ニジマスゲット!さっそくヤマメカラーの6gを使ってみることにしました。
6gだとそんなに飛ばないだろうと思っていたが、想像してたよりも遠くへ飛んでくれたのにも驚き。
狙うポイントは湖面に張り出した木陰の真下。
何度か小枝にかすり、ヒヤヒヤしながらも数回目のキャストで30前後のニジマスをゲット。
このミノー、ウォブリングが激しくなんともトリッキーな動きをしてくれる。
市販のミノーには無い動きなのではないだろうか・・・

デカニジゲット!暫くキャストを続けるが反応が無くなった。
どんどんポイントを変えながら探りを入れていると急な落ち込みを発見。
そのポイントを重点的に探っていると・・・・!
キマシタ!強烈なアタリです。
ラインをナイロン10lbに変えたばかりでまだ扱いに慣れていなく、慎重に寄せてなんとか無事ゲットです。
54㎝の体色の濃くでたオスのニジマスです。
久々の感覚にちょっと感動すら覚えました。

60のデカニジゲット!先ほどのポイントから近い場所でまたも良型がヒット!
先ほどのニジマスよりも更に強敵。
なかなか寄せる事も出来ず、なんとかドラグを調整しながら姿が見えてきた。
数分の格闘の末、なんとかゲットです。
ジャスト60㎝のニジマスで、下顎の微妙な部分にフックが刺さっていてバレなかったのが奇跡的でした。

masa製ハンドメイドミノー結局そのポイントでも反応が無くなり、終了としました。
実はスプーンは良く使う事があったのですが、ミノーでここまでのサイズを釣ったのは初めてでして・・・(笑)
それにしても「Reptilia」ミノーは噂通りの逸品でございました。
失くさないよう大事に使っていきます。

AN港で海アメフィッシング

AN港のウミアメ5月の某日、出張先の仕事を終えた17:30過ぎ、昨年からどっぷりとハマってしまった海アメを今回もをゲットすべくAN港に向かった。
車を走らせること10数分で到着。この町に住んでたら毎朝毎晩通うのだろうな~などと妄想を暴走させながら準備を整え、長ーい防波堤をひたすら速足で歩くのでした。
この日のために少ない小遣いを工面して購入した「SIMANO Silent Assasshin」140mm 26g ハデイワシカラーを迷うことなく選択。
そしてファーストキャストでなんとヒット!!

だが、目の前でバラシ・・・推定40~50cmの海アメ・・・
一発目からヒットするとは流石は静かなる暗殺者!
その後、6~7キャスト目でなんと!!!!!静かなる暗殺者海へ没する・・・・
ルアーの交換を容易にする為、スイベルを使っていたのですが結合部が開き、敢え無く空を彷徨ったのでございます。
このスイベル、強度バツグンと謳ってたのですが、去年の屈斜路湖でも同じ経験をしたんだとここで思い出し、テンション急降下。。。

ATNI港は今年もアツイ!次にチョイスしたのが去年の同港で実績のあるグリーン&ピンクカラーのチヌークの22g。
数回遠投したところでひったくるようなアタリ感じたと同時に激しく走られる!!
まるでサケ並みのファイト!
が、姿を現す事無く去っていきました・・・今冷静に考えるとスレ掛かりだった可能性も否めませんが・・・
それからすぐに50~前後の海アメをゲットするここができました!
なんだかロクに食って居ないような痩せたヤツで、たいしたファイトもなっかたんですが初物はやはり嬉しいですね。
次回はサクラも視野に入れて挑戦したいと思います。

能取湖某所のカレイ釣り。

能取湖のカレイ1GWの最終日、能取湖某所へカレイ釣りに行ってまいりました。
湖と名のつく能取湖ですが、淡水や汽水ではなく海跡湖(かいせきこ)とよばれる完全な海水湖です。
以前は海水の流入口である湖口が波浪などの影響で塞がる事もあり汽水湖だったが、護岸工事が施された現在では完全な海水湖になったそうです。
南岸の卯原内地区には能取湖名物のアッケシソウ(サンゴ草)の群生地があり、初秋には赤い花で埋め尽くされ、なんとも美しい光景が広がります。
湖では主にホタテ、サケ、ホッカイシマエビなどが漁獲され、カレイ漁は特に盛んなようです。

能取湖のカレイ2今回は、すっかり釣りにハマってしまったKG氏と朝4:00に旭川を出発。
目的地に着いたのが7:00頃。
この場所はサロマ湖に次いでのカレイの早場とあって、投げ釣りの釣り人で賑わっています。
が、なんだか違和感を感じた・・・
その違和感とは、ずら~りと並んだ投げ竿ですが、釣り人はマッタリモ~ド。
中間辺りで空いてる場所を見つけて、そそくさと準備開始。
お隣さんに早朝の様子を聞いてみると・・・なんとボっとのこと。。。
イヤ~な空気になりました。

能取湖のカレイ3竿を出してから1時間あまりが経ちましたが、まったくアタリ無し・・・
あまりにもアレなので、ブラーで探ったり、岸壁直下に仕掛けを垂らしたりと色々と試してみたが、まったくダメダメ・・・・
周囲も同じ状況でお魚の姿をまだ一度も拝んでおりません。
ブラーも飽きてきて、車の中でバカ話に花を咲かしていると管理人の竿が激しく揺れた!
車から飛び出し慎重に巻いてみると・・・・!ようやくクロガシラゲットです。
しかも奇跡的な事にクロガシラがWでヒットしたのです。
渋すぎる状況の中、これには驚きました。

能取湖のカレイ4外海から遮断された能取湖は本当に穏やかで、風も止まると鏡面のような水面となります。
雲の切れ間から日が見えたころ、周囲でもポツポツと釣れだしました。
本当にポツポツですが、お隣さんもボを回避できたと安堵した様子。
KG氏の竿にもアタリがあり、なんとかクロガシラゲット。
時折、30センチクラスも釣れてるようですが、圧倒的に手のひらサイズが多く、リリースする事が多い状況でした。

能取湖のかれい5結局、リリースサイズが多く、キープサイズは僅か・・・
針を飲み込み瀕死のリリースサイズを入れても数枚にしかなりません。。。
本当はもう少し粘りたかったんですが、営業時間の短いラーメン屋に寄る目的もあったんで11:00頃撤収となりました。
今回訪れた場所は5/15日から禁漁となり、6/15までの一ヶ月間カレイ釣りができません。
禁漁期間が過ぎたころ、またカレイ釣りに来てみたいですね。

<< 前のページへ |  1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7  |  8  |  9  | 10 |  11  |  12  |  13  |  14  |  15  |  16  |  17  |  18  |  19  |  20  |  21  |  22  |  23  |  24  |  25  |  26  |  27  |  28  |  29  |  30  |  31  |  32  |  33  |  34  |  35  |  36  |  37  |  38  |  39  |  40  |  41  |  42  |  43  |  44  |  45  |  46  |  47  |  48  |  49  | 次のページへ >>

釣り情報ポータルFish/up
◇釣りの検索◇釣りバカサーチ
釣りガイド
IRIE-TIME
北海道 旭川サーチエンジン

旭川鮭鱒会
Street Bikers
SnowBreeze
旧魚狩団
魚狩団