<< 前のページへ |  1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7  |  8  |  9  |  10  |  11  |  12  |  13  |  14  |  15  |  16  |  17  |  18  |  19  |  20  | 21 |  22  |  23  |  24  |  25  |  26  |  27  |  28  |  29  |  30  |  31  |  32  |  33  |  34  |  35  |  36  |  37  |  38  |  39  |  40  |  41  |  42  |  43  |  44  |  45  |  46  |  47  |  48  |  49  | 次のページへ >>

猿払海岸のサケ~枝幸某海岸のカラフトマス。

猿払のサケ枝幸のカラフトマス今回は猿払村のとある海岸にサケのぶっこみ釣りに行ってまいりました。
毎年カラフトマスからサケにシフトする微妙に時期を選択しています。
年に一度のぶっこみなのでまったりのんびりと釣りを楽しんできました。
この場所は場所取りも無く、精神的にも非常に楽ですね。
9/5、4:00に起き準備に取り掛かります。
前日にある程度は準備していたんで、餌をつけてぶっこむだけです。
今回も塩でしめたソーダガツオを使いました。

猿払のサケ枝幸のカラフトマス25:00を過ぎた頃でしょうか、完全に明るくなりゆぐいのイラつく攻撃に見舞われながら穂先を見ていると、ゆぐいの野朗とは明らかに違うアタリに気がつく。
速攻で竿元に駆け寄り様子を見る・・・
次に大きく入った瞬間にアワセた!!
・・・・・おっ重い!!確実にヒット!!
久々のサケのファイトはやはり凄いっす!
波打ち際まで寄せた所で更に走りドラグが唸る。
その瞬発力に一瞬焦ったが何とかゲットとなりました。

76cm程のギンギラの眩いオスでした。
そのサケを処理していると違う竿が大きくしなり、ラインが弛む。
慌ててアワセをくれて、ヒットとなるも少し寄せたあたりでオートリリースとなってしまう・・・
ちょっと残念でしたが諦めも早くつきました。

猿払のサケ枝幸のカラフトマス3それから日も高くなり、気温もグングン上昇!
この時期の道北にしてはかなり暑い。つーか暑すぎですよ。
その後、それっぽいアタリが数回あり同じくhiroさんのロッドにもアタリがあるがなかなか乗らない。
時折跳ねる姿も見られ、魚は少ないながらもいる様子。

猿払のサケ枝幸のカラフトマス4そして、hiroさんのロッドにまたアタリがきました。
今度は完全に乗ったようです。
かなりのファイトのようでかなり重たそう。
そして無事に波にのせて、hiroさんもゲットとなりました!!

猿払のサケ枝幸のカラフトマス5これも76cmほどのオスです。
ギンピカで少し尾鰭に銀色の筋が残っていました。

その後からアタリも遠のき、相変わらずゆぐいの嫌がらせが続きます。
その上、風も無く日差しも強く暑さにも堪え難い。枝幸周辺でカラフトマスも釣れている情報もあったので、早々に場所移動する事にしました。
本当は連泊でぶっこむ予定だったんですがねw


猿払のサケ枝幸のカラフトマス6猿払のサケ枝幸のカラフトマス7
片付けの最中にそれは起こった。
仕掛を回収しようと高速で巻き取ってる所で急に根掛り・・・
有得ないってっとイラっとした瞬間波打ち際でバシャっと跳ねるサケと引き込まれるロッド・・・?
えええ!?っと慌てて体制を取ろうとするが敢え無く波にもまれ海に戻っていきました・・・こんな経験は始めてでした。
と、なんだかモヤモヤしながら場所移動となりました。


この浜猿払~浜頓別間の直線が続く道路、素晴らしい景色です。本州ライダーの憧れゾーンらしいです。

猿払のサケ枝幸のカラフトマス8さて、枝幸のポイント入りする前に、数箇所見て回りました。
問牧など有名ポイントにも行ってみるが、ダメそうな雰囲気。
マイナーな小河川を見て回るも大群は見えず。
先日良かった場所で少ロッドを振ってみるが、魚の姿が見えなくなり撤収。

天気の良かった猿払とは一変し雨も振り出す始末で、完全に意気消沈です。
コンビニで買い物をしhiroさんと別れたのだが、どうしても気になった箇所があったので管理人だけ戻ってみる。

戻ってビックラ!いるいる!!カラフトマスの軍勢がウヨウヨいました!
別れたhiroさんに連絡するも既に遅し電波届かないし・・・
早速準備し、再チャレンジです。

そのポイントには先行者さんが3人です。その内の一人の方が話しかけてくれました。
「このポイントは誰から聞きましたか?」と。
札幌の人からですよ、っと会話を進めると・・・・!?
なんと!サケマス掲示板に度々書き込みして頂いた「こういち」さんでした!!!
ウルフさんからの情報でこちらに入られたとの事でした。
それにはお互いにビックリししました。((o(´∀`)o))
状況を詳しくお伺いすると古くて茶色くなった魚はいるが、口を使わずスレ掛りが多いとの事。
それでもギンピカを一本手にしたとの事で、中にはまだ新い魚もいるようでした。

早速仲間にいれてもらい管理人もウキフカセを魚群に投入してみるが、シカケ丸無視です。


猿払のサケ枝幸のカラフトマス9こんな時はウルフさん直伝のルアーの登場です。
何度か投げた所でキタ!!っと思ったがスグにスレ掛りだと分かる重さ。
群れを散らさないようにと端っこに寄せようとするも、大暴れで右往左往してます。
が、そんなぐらいで散るような群れではないです。
何とか引きずり上げてフックを外しリリース。
その前に完全にトランスフォームしたカラフトマスは中々見る機会がないので画像をササっと撮りリリースです。
←めちゃカッチョよくなってます!

猿払のサケ枝幸のカラフトマス10それにしても凄い群れです。
左の画像でお分かりになりますか?
波間にみえるのが全部カラフトマスですよ。ヒュ~~!

猿払のサケ枝幸のカラフトマス11そんな口を使わない激渋のなかこういちさんが見事にヒットさせました!
ウキルアーでのヒットなんですが、これがまたレアな仕掛で釣り上げました!
なんとそのレアアイテムを一つ分けでくださいました。
こういちさん有難うございます。

これもトランスフォームしたオスです。
リリースされていきました。

猿払のサケ枝幸のカラフトマス12

猿払のサケ枝幸のカラフトマス13そして今度はこういちさんと釣行されていたSさんにもヒット!
同じくウキルアーでのヒットでした。
殆ど口を使わない中お見事です。

←画像の波間に見える黒っぽい影が全部カラフトマスなんです。
こうやって改めてみても凄いっすw

猿払のサケ枝幸のカラフトマス14

猿払のサケ枝幸のカラフトマス15その後もルアーを投げている管理人だったんですが、ある事に気がつきました。
それは日が差してるときに限って口を使って来るのです。
それでも食いが非常に浅く、バラシが頻発です。その度にルアーが吹っ飛んできて危ない思い多数でした。こういちさん、Sさん危ない思いさせてすいませんでした。
なんとか口に掛けて釣りたいと頑張って、なんとか一本カッコイイヤツを釣りました。


猿払のサケ枝幸のカラフトマス16その前に口に掛った魚は明らかにギンピカで、まだ新しい魚がいる事を確認。
なんとかギンピカを!っと夕暮れまで頑張ってみましたが、残念ながらの結果でした。

このポイントは決して大きい河口ではなく、かるく一跨ぎ出来る様な小川。
いつこんな群れが入ってくるか分からないのがことカラフトマス釣りですね。
そして情報を提供していただいたウルフさん有難うございました。

2009年抜海漁港のサケ釣り。

抜海漁港のサケ釣り今年もいよいよサケ釣り開幕です。
毎年8月下旬にサケ網が入る前の恒例釣行です。
今回は前日入りしている釣友と入れ替わりで、抜海港ではかなり釣れていたと聞いたトイレ前角付近に入る事が出来ました。
角からは30mは離れていますが、かなりの良ポイントです。
到着したのが18:00過ぎでかなりの強風でした。
予報では風速10mと明朝が恐ろしく心配になりました・・・
時折、跳ねる姿も見え翌朝に備え軽く呑みつつDSしつつ仮眠です。


抜海漁港のサケ釣り2翌朝4:00まだ薄暗い中早速釣り開始です。
心配していた風はかなり落ち着き釣りするには問題がなさそうです。
抜海では定番とされるウキフカセで棚を2.5mとった仕掛で挑んでみます。
ただ、気になるのが跳ねやモジリが確認出来ないこと。
サケなら暗らい内からでも跳ねまくってるのは何度も目撃しているのでやや心配に。
だが、ようやく明るくなり、港の中心付近で跳ねを確認!
そんなに遠くてはフカセでは話にならんだろ!っとスプーン+タコベイトで遠投をしてみた。
何度か投げたころ・・・・!
キマシタ!きましたよ!!ヒットしましたよ!!!

思わずヒットっと声に出てしまい、うりゃ!っと数回アワセを入れたところでスッポ抜け・・・
この後、帰るまで悔しさを引きずる事になるのです。

群れも遠く、ルアーがいいぞ!っと言う事になり今回の同行者のRYOさんもウキルアーにチェンジです。
それから暫くしてRYOさんのウキに変化が!
見事にRYOさんヒット!
「カラフトかな~!?」とか呟きながら格闘してたんで引きが弱かったのかな??
その後、タモ入れをお手伝いして見事ゲットとなりました。
RYOさん改ためておめでとう~~!
上の画像がRYOさんの釣ったサケです。

仲間での釣果は嬉しいもんですね。少しホっとし釣り再開するが後が続きません。
フカセに買えてみたりまたルアーだとか、跳ねてるから単体がいいだのと昼まで粘りましたが、それ一本で終了となってしまいました。


さて、私達以外の様子はというとトイレ前右角とその付近には25人の釣り人がギュウギュウに入っていました。
人数が多いのもあって、決して爆とは言えないがコンスタントに釣れているようでした。
恐らく昼に帰るまでに多く見積もって25本~30本ぐらいは釣れていたようです。
トイレ前のラインでは恐らく10本程度で、左角ではそんなに釣れていない感じでした。

抜海港全体となると100人以上の釣り人がいたと思います。
南防波堤にもかなりの人が見えてましたが、殆ど釣れていなかったようです。
結局、ほんの一部分でしか魚がいないようで、殆どの方がボという状況だった模様。

今年は過去20年間で最もサケの回帰率が悪いとも報道されています。
例年の抜海では1度や2度は爆発を起こしているハズなんですが、シーズンインしたばかりとはいえ、心配になりますね。

あと、転落事故が発生してしまいました。
幸い最悪の事態は逃れましたがライフジャケットの必要性を改めて感じました。

枝幸町O川河口でカラフトマスゲット!

枝幸のカラフトマス8/27、夕方仕事後の釣りです。
時間も無い事から枝幸町のO川河口に入ってみました。
ここ最近北オホーツク周辺はあまり良い話を聞いていなかったんであまり期待はしていませんでした。
が、河口周辺を覗いてビックラ!居ます!カラフトマスの群れが居ます!!
20-30匹の一団が2~3個群れを作り、時折モジモジしながら回遊しております。
コッコレハ釣れるぞ!!っと確信しルアー+タコベイトのみの仕掛けを群れの奥にぶち込んでやりました。

枝幸のカラフトマス2そして一発目でヒット!
高い位置からなんで、食う様子までバッチリ見えて面白かったです。
それに加え、周りには誰もいなかったんでドラグユルユルで遊んでみました。
ただ少々高い位置からなんで、タモ入れに戸惑いました。
何故なら去年の10月下旬に紋別で60cmのタモをぶっ壊してしまい、今回は40cmのタモを使ってるんです・・・
なかなか入りませんね。しかも腕がプルプルしてきます。

リリースのつもりでいたためバレても問題は無かったんですが、流石に径の小さいアミでは時間もかかります。
グッタリした頃ようやくゲットとなりました。
50cmほどのオスのカラフトマスです。
速攻で画像を撮らせてもらい、アミに入れ静かにリリースしようとするも動きません・・・
暫く、そのままにしてあげてたんですがひっくり返って流れて行きそうになるし。
そのままではあまりにも不憫なので、持ち帰り有り難く頂く事にしました。


枝幸のカラフトマス3そんなんで多少時間を取られましたが、まだ魚はいます。
そして二投目もすぐにヒット!
コチラはタモ入れ失敗でオートリリースとなりました。
そんなオートリリースが6~7回ぐらい続き、次にヒットしたのが一見ウグイに見間違えた小型カラフトマス。
タモ入れも面倒になってたんで、そのままブッコ抜きました。
41cmの小さいメスでした。
実は、今季7本目のカラフトマスなんですが、初めてのメスでした。
この子も折角なんで有り難く頂く事にしました。

夕方の僅かな時間でしたがこんな事もあるのかとかなり驚きました。
1キャスト1ヒットなんてサケマス釣を始めて初体験です。
なんせ、トータルの実釣時間が30分~40分なんですから。
十分すぎるほど楽しめました。

そして、更に沖にはかなり大きな群れも確認。
ですが、すぐ横に網が入っているので残らずインする可能性もありますね・・・

カラフトマスフィッシング撃沈編。

カラフトマス撃沈編今回も訪れたのは雄武町のOT川河口。
ここ最近の雄武~紋別周辺は良い釣果の便りがありません。
北オホーツクでは周期的に釣れたとの話はあるんですが、本日は天候も悪い様子。
釣れてないとあってはテンションも低く、旭川を出発したのは夜も明け切った時間。
7:30頃、雄武町のOT川河口に入りました。
周囲では7~8人ほどの釣り人がいらっしゃいますが、尋ねてみると殆ど釣れていないよと・・・
そこで、いつもお世話になっている釣具屋さんのご主人のお仲間と偶然お会いし多くの情報を教えて頂けました。ありがとうございました。(またお会いしましたら宜しくお願いします)

カラフトマス撃沈編今回はウキフカセで挑戦してみます。今回も一緒に同行のhiroさんはルアーで探っています。
カラフトマスは波打ち際を回遊するので波間を凝視するも中々魚の姿を伺う事ができません。
ここ最近の情報ではかなり日が昇ったあたりに群れが入った等の話を良く耳にしているので軽く期待はしていましたが・・・
開始から2時間ほど経った頃でしょうか、hiroさんとウキが波に引っ張られどうのとか潮目がどうのとか言ってると波間にギラっと光る魚影と潮流とは逆に引っ張られるウキに???
ってか、キテる!オラの仕掛けに来てるよ!っと、完全に油断をキメてて甘アワセになってしまい、波に揉まれながらオートリリースとなってしまいました・・・

これにはショックでしたが、魚が寄ってきているのではとの期待感も高まり集中するも、長くは続きませんでした。
なんだかんだで11:00を過ぎた頃、雨もチラつき始め11:30に場所移動を決定しました。

カラフトマス撃沈編カラフトマス撃沈編
その前に軽く腹ごしらえ(笑)
近くのレストランに入り、暫しの休憩です。
ラーメンを注文したんですが、食後の会計時に「生さんま丼」の文字を発見。
今でも気になってますw


カラフトマス撃沈編食後すぐに藻興部の様子を見に行こうとなりましたが、その前にON川河口の様子を見がてら撃ってみる事にしましたが・・・
数匹の魚は見えましたが、雨足が強まり、本降りになってしまい雨具も効かぬ勢いでしたね。
ON川を後にし、藻興部川河口の様子を見てみると・・・・
川の中で釣りをする御仁らに開口。
まともに釣りをされてる方のほうが少ない状況でした。
結局、レインウェアもズブ濡れでもう釣りをする空気ではなく敢え無く撤収となりました。
来週末はどうなることでしょうか・・・


さて、ヒッカケ隊も然りこの川釣り隊に加えタモアミ隊までもが湧き有名ポイントはかなり荒れています。
この件に関しては後日に触れるとします。

雄武川河口のカラフトマス釣り~網上げ祭り2日目

お盆の網上げ祭り二日目。
早朝にポイント入りしたのが、雄武町のO川河口付近。
深夜二時と早めに行動するが、釣り場はあっという間に釣り人の姿でいっぱいになりました。
目測で50人ぐらいはいたのではないでしょうか?
年々人が増えていく気がします。

薄暗い内からフカセを流してみたりもしたが釣れる気がしません。
と言うのも、跳ねやモジリが全くありません。
濁りも無く、波もそれほど高くないが魚の姿がないんですよ。
ゴールデンタイムを迎えてもカスリもしません。周囲で確認出来たのが6~7本と祭りには程遠い雰囲気でした。
この状況下では無駄に時間を過ごしてしまうと判断し、6:00頃移動する事にしました。

20090815kar01.jpg20090815kar02.jpg

移動した先は前日に大爆発を起こし夕方に入った雄武川河口です。
やはりここは波が高く濁りも酷い状況で、なにより釣れてる雰囲気が無いのです・・・
ポツポツとはつれてるようですが、所々に魚を埋めてると思われる小山があるが多くはないです。
人出も凄く左岸の一番端っこで様子をみるも、釣れる気がしません。

これはダメだとなり藻興部まで下ろうかと考えながら河口の様子を見に行くと・・・
右岸側は濁りも無く、波もそれほどでは無い。
これなら釣りになるのではと、思い切って入ってみました。
右岸は15人程度しか人がいなく、その一番端っこに入り余裕もあり快適でした。

20090815kar03.jpgまずは試しにと始めて見た訳なんですが、なんと一投目ですぐにヒット!これには吃驚しました。
なにより魚が濃い証拠です。慎重に寄せ波に乗せてゲットとなりました。
が、ここで浮かれている暇はありません。まだまだ魚ははいます。
っと、hiroさんが波打ち際ですっぽ抜け。やはり魚はいます。
さらに2~3投目で波打ち際でヒット!本日2本目の釣果となりました。

20090815kar04.jpgそしてhiroさんにもヒット!
沖には跳ねる姿もあり期待度が更に上がります。
周囲でもポツポツとつれている様で、河口前よりもやや離れたコチラ側のほうが魚影が濃いようでアタリも度々あります。
その後、hiroさんがヒットを続けこの日のトータルで3本となりました。
管理人もウキを着ければバラシも軽減できたのかもしれませんが、納竿するまで4バラシでちょっとスッキリしません。
今年のお盆中は悪天候が重なり思うような釣りが出来ず、歯痒い思いをした釣り人も多いのではないでしょうか?


20090815kar05.jpgここでお盆後の情報ですが、お盆前よりも魚影が薄く感じる釣り場が多いようです。
北オホーツクでは相変わらず釣れているようですが、雄武~紋別周辺は良い話が少ないようです。
どなたかお盆後に良い釣果に恵まれた方いらっしゃいませんか?

<< 前のページへ |  1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7  |  8  |  9  |  10  |  11  |  12  |  13  |  14  |  15  |  16  |  17  |  18  |  19  |  20  | 21 |  22  |  23  |  24  |  25  |  26  |  27  |  28  |  29  |  30  |  31  |  32  |  33  |  34  |  35  |  36  |  37  |  38  |  39  |  40  |  41  |  42  |  43  |  44  |  45  |  46  |  47  |  48  |  49  | 次のページへ >>

釣り情報ポータルFish/up
◇釣りの検索◇釣りバカサーチ
釣りガイド
IRIE-TIME
北海道 旭川サーチエンジン

旭川鮭鱒会
Street Bikers
SnowBreeze
旧魚狩団
魚狩団