<< 前のページへ |  1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7  |  8  |  9  |  10  |  11  |  12  |  13  |  14  |  15  |  16  |  17  |  18  |  19  |  20  |  21  | 22 |  23  |  24  |  25  |  26  |  27  |  28  |  29  |  30  |  31  |  32  |  33  |  34  |  35  |  36  |  37  |  38  |  39  |  40  |  41  |  42  |  43  |  44  |  45  |  46  |  47  |  48  |  49  | 次のページへ >>

興部町S港のカラフトマス釣り~網上げ祭り1日目

興部でソイが釣れた年に数日間の網上げ祭り開催です。
今回のメンバーはウルフさんとご友人、hiroさんRYOさん、わきさんと久々のメンバーもいます。
深夜にこの面子で入ったのが興部町のS港。
生憎の波と濁りで紋別~雄武周辺の河口はどこも厳しい状況。
遠浅のこのポイントも東の風の影響で底荒れし、釣をするには難しい状況でした。
結局港内から外海~内海の両方を狙えるポイントに入り、深夜にソイでも狙おうかとおっ始めた次第です。

そして、一投目で25cmぐらいの良型のソイが釣れました。
なかなかの引きでちょっと楽しめました。
これは期待出来るぞ~!っと、続けるも明るくなるまでにこの一匹だけでした。


興部でカラフトマスその後、完全に夜も明け海面見て愕然・・・
濁りは海岸沿いだけではなく、灯台付近まで入っていました。
ゴールデンタイムを迎えてるはずなのに魚の姿が見えません・・・
周囲でも揚がっておらず、河口まで偵察に行くも、壊滅状態だとか・・・
それでも6時か7時頃でしょうか、対岸の赤灯台付近でバタバタと釣れだしましたが、コチラからは届く範囲ではなく指を加えて見てるだけでした。
本気で羨ましかったですw

その後、紋別タワー周辺とモベツ川を覗くも釣れていません。
このときウルフさんから電話がはいり、雄武のO川河口で今朝がた良い話があったとの情報で早速向かいました。

O川河口に入ったのが10時近くで潮廻りも悪くなり、魚影も遠のいていました。
それでもお知り合いの方がクルセイダー+細工したタコベイトで一本ゲット!
幾分やる気UPとなりましたが、続きません。
周囲でポツポツと釣れていますが、昼を前に体力的にきつくなり仮眠を取る事にしRYOさんは帰宅。ウルフさんはちょいと北上しポイントを見て回るとのことで別れました。

暫くしてウルフさんから電話で魚をわんさか持って帰る人たちを数人目撃し、気になるので撃ってみるとの事でした。
私も、気合を入れて行って見れば美味しい目にあえたかもしれないのだが、何故か仮眠ですw

夕方頃、ウルフさんから連絡が入り、「雄武大爆釣してたよ」との報。
やはり、さっきの連絡を貰った時移動していればよかったと、やや後悔しマッハで現地へ向かったのだが・・・


打ち上げられたカラフトマスまだ、若干ではあるが釣れてます。だが、酷い波と濁りとゴミでとても釣り辛い。
波にタックルをさらわれそうになったり、雨に打たれたりと厳しい状況でした。
そこへ、遅れてhiroさんと合流し必死に撃ち込みます。
すると、波にもまれて管理人の足元で打ち上げられたカラフトマス。
背中まで綺麗でギンギンでした。可哀相なんで海へ返してやりましたが、何度と無く陸へ戻ってきて、戻すのに苦労してると、浜辺に打ち上げられた私のルアーをササっと持ち去り、ラインを切断し何食わぬ顔をする少年と近くに居るその親。

唖然としましたが、構っても居られないので続行するも、先にゴメにもやられてラインを相当失っており釣りになりません。


hiroさんゲット!そんなときやってくれたのがhiroさん!
見事にゲットしてくれました。その後何度かアタリがあるも2バラシ。
薄暗くなりいよいよ遡上しようとする魚も目立ち始めたが、大量の流木が邪魔で釣りになりません・・・一時期河口で祭りとは言えぬ盆踊り程度の騒ぎで連続で釣れれ出したが魚影も薄くなり、終了となりました。
結局、hiroさん1ゲット、管理人2バラシで終了です。

その後は温泉に浸かり極楽ムードの中、翌日は波と濁りの無いO川河口に入ろうと打ち合わせ、就寝となりました。


                                    近日、二日目更新予定です。

雄武町ON河口でのカラフトマスフィッシング。

O河口のカラフトマス1更新が遅れましたが、8/9の早朝の釣行記です。
今回訪れたのは雄武近辺で今年発掘したポイントのON川河口。
マイナーな場所で入釣者も少なくマッタリと釣りを楽しむ事ができてお気に入りの場所です。
早朝3:00に目覚ましをセットし、ポイントである河口に向かうも誰も居なく月明かりがなんだか不気味で一人釣行の寂しさを感じた瞬間でした。
暗い内からフカセで暇つぶしをするも全くアタリ無し。


O河口のカラフトマス2そして薄明るくなったころ気が付いたんですが跳ねモジリは全くございません。
川の中でたまーにボチャっと跳ねるだけで・・・
それに加え、今まで見た事も無いようなベタ凪でした。
完全に明るくなるが、肝心のお魚の姿は見えません。
5時近くになり釣り人がポツポツと増えだし、6~7人となりましたが未だ誰にヒットしません。
相変わらず、川ではボチャっとやってるのですがね・・・

O河口のカラフトマス3相変わらず魚の姿は無く、人の姿も疎らになっていきます。
ちょいと歩きながら魚を探ってもみようかとトボトボと歩きながらスプーン+タコベイト(うきなし)を投げては歩きを繰り返してるとついに発見しました!!
波打ち際でモジモジしてるカラフトマスを!
決して数は多くないはずで、慎重にモジリの向こうへルアーを投入。
が、まるっきり反応なし・・・
ま、そんなもんですよ。


でも、諦める事なくその場を丹念に探ってみると・・・!
なんとヒット!!!!
これは流石にビックラw(°o°)w おおっ!!

今回も波打ち際でのヒットであっさりゲットとなりファイトらしいファイトはありませんでした。
54センチのこれまたオスのカラフトマスです。
今季3本目ですが、まだメスは釣っていません。
今回はまさに足で釣った感じで待つのではなくコチラから出向いていく作戦が良かったようです。






さて、本日8/12に網が上がったようです。(情報では8/13とあったが)
夕方に紋別のモベツ川河口の様子を見てまいりました。
魚は居ますが、口を使わない状況です。
さらに、人の数もかなり増えています。
明日の朝は祭りとなるのでしょうか?

雄武町O川河口のカラフトマスフィッシング。

8/2、雄武町のO川河口にカラフトマスを狙いに行って参りました。
今回は約一年ぶりの再会となるウルフさんご一行、かずさんご一行、Azuさんご一行とご一緒させていただきました。
前日の20:30頃、一年ぶりにウルフさんと本〇さん両人様と再会を果たし、暫しを談笑を交わして明朝はどこに入るかを打ち合わせました。
迷ってはいたが恐らくどこも同じ感じだろうという事になりO川河口に入ろうと決定。
その後はプチ宴会を催し、本〇さんの素晴らしいフィッシングギアコレクションに管理人はヨダレを垂らしそうになりました。
暫し楽しい時間を過ごし、明朝3:00に起床を確認し仮眠を取る事にしました。


雄武町のカラフトマス

今時期の3:00は、まだ真っ暗闇です。
おそらくこのポイントに入る釣り人も何人か居るだろうと読んではいたが、3:00現在では我々だけ・・・
一寸拍子抜けしたが早速、河口付近で釣りを始めました。
暗いウチはいつもウキフカセと決まっている管理人はこの日も違わずフカセを投入してみる。
だが、なんだかゴツゴツと荒いアタリはあるが乗らず、なんかがいるぞっと気になる会話が続いたが、ウルフさんのルアーにキュウリが連発し正体が判明しちょっとガッカリ気味。


まだ夜も明けきらない薄暗い中、河口を下るカラフトマスを目撃し河口付近でモジモジしている魚も確認。
恐らく、私を含む三人共これはイケルぞ!!っと軽く感じたに違いないでしょう。(違ったらゴメンナサイ)
その後ロッドを振り続けるが、人は増えるが魚は増えないようで、全くアタリがございませんでした・・・(・ε・)


完全に夜が明けて、アタリも無いまま時間が過ぎてしかも軽く雨も降り出す始末。
5:30頃にかずさんご一行とこれまた久々の再会を果たし、釣り再開。


ここで重いリールを使ってる管理人は流石に疲れ、ウキフカセをまたも投入してみた。
ダラダラっと、河口の波打際に流していると浮きがヒョコヒョコと動きだした・・・



コ ノ ウ コ ゙ キ ハ・・・・!!



っと、その瞬間ウキが完全に入った!
速攻でアワセをくれてやると重い!重いぞ~っとヒットだ!!

けど、超波打ち際なんであっさりとゲットとなりました。


雄武町のカラフトマス2すいません、サイズは図ってないんですが50cmほどのオスのカラフトマスです。
これ以外にも大分左岸寄りで一本確認していたので、全体で2本目となりました。








雄武町のカラフトマス3その後、暫くフカセで様子を見るがさっきのヒットは本当にたまたま魚が居ただけの偶然のようで、その後はピクリともしません。
そしてルアー+タコベイト(ウキなし)で遠投してみると、なんといきなりヒットするではありませんが!
これは流石に驚いたが、サイズが小さいようであっさり寄ってきました。
いよいよ砂浜に上げようかって時に、油断してたのか波にもまれオートリリースと相成った次第でございます。




その後にはAzuさんご一行と合流し情報交換。(携帯でも逐一報告し合っていましたが)
結局、他のポイントでも渋く魚影を確認できたO川へ下って来られました。


それからは極稀に魚影が確認できたものの、アタリ無く釣り人の姿がどんどん減っていきました。
ウルフさん本〇さん、かずさんご一行様と別れ、結局10:00まで粘りましたが静けさを保ったまま終了となりました。


ここで、長い文を最後まで読破して下さった方の為に本日(8/3)仕入れた情報をお知らせいたします。
まず、新聞(一部紙だが未確認)などで書かれている「カラフトマス豊漁で7000匹網にに入る」等の記事が出たそうです。
が、それは網に入っただけで釣り人からすると豊漁感はまったくありません。
それを伺わせる話を聞いたのですが、紋別地区限定かは不明で恐縮ですが予算を7000万掛けて漁網を30%増量したそうです。
しかも昨今の不景気を反映してかどうかはわかりませんが、極一部おかしな操業をしている関係者もいるとかいないとか・・・
釣り人から見ると不漁ですが、豊漁年というのは沖合いでの話でだけなのかもしれません。

2009 カラフトマスフィッシング。

カラフトマスフィッシング017/30、17:30頃寄ってみたのがオホーツク海某所。
ここは今年新たに発見した数少ない管理人の穴場。
一見したところ浅瀬が続き、釣れなさそうな雰囲気も有りましたが物は試しと攻ってみた訳です。
参考までに、本日時点(7/30)では雄武よりも南は先日まで降り続いた雨の影響でどの河川も増水し濁りきった川水が海へと流れ込み、河口一帯は濁り倒しています・・・
時間も時間だし期待薄ではありましたがウキルアーで始めてみました。

カラフトマスフィッシング02そして2-3投目で海藻みたいなゴミの塊が引っ掛かった模様。
っと、おもいきやデッケ~かじかでした!コレにはちょいと驚かされました。
コレぐらいのサイズならもっと引いてくれてもいいべやっと呟きリリース。
その後、そんなのが2匹釣れました。

カラフトマスフィッシング0318:00頃でしょうか手前までゆっくりと巻いていると、ウキの動きが変・・・
というのも、河口の流れに逆らってウキが動いているではありませんか~
コレハ!っと、アワセた瞬間ずしりと重たい手ごたえが!!
なんとヒット!慎重に寄せて、波に乗せて浜辺に上げる。
52センチのピッカピカの初物カラフトマスです。
手前でのヒットでファイトらしいファイトも無かったのですがワガママは言ってられません。
感動に浸っていてもしょうがないんで、釣り続行。
その後も数度アタックされ、2度のバラシで終了。
次回は早朝に来て見たいと思います。

サケ・マス情報掲示板を設置しました。

以前から設置の希望が多かったサケ・マス専用掲示板を設置してみました。

サケ・マス専用掲示板

サケ、カラフトマス、海アメマス、サクラマスなどの新鮮な情報があればそれだけ釣れる

確率もぐっと上がるかもしれません。

本当にサケ・マスがつりたい人にとって有益な掲示板になって欲しいと思います。

現段階ではパスワードを公開していますが、将来的にはメールのみでの公表となる予定で

来月になるのか一年先になるのかは利用状況次第です(笑)

ぜひ多くの方にご参加頂き、多方面に渡る情報の交換場所としてお使い頂ければ幸いに思い

ます。


<< 前のページへ |  1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7  |  8  |  9  |  10  |  11  |  12  |  13  |  14  |  15  |  16  |  17  |  18  |  19  |  20  |  21  | 22 |  23  |  24  |  25  |  26  |  27  |  28  |  29  |  30  |  31  |  32  |  33  |  34  |  35  |  36  |  37  |  38  |  39  |  40  |  41  |  42  |  43  |  44  |  45  |  46  |  47  |  48  |  49  | 次のページへ >>

釣り情報ポータルFish/up
◇釣りの検索◇釣りバカサーチ
釣りガイド
IRIE-TIME
北海道 旭川サーチエンジン

旭川鮭鱒会
Street Bikers
SnowBreeze
旧魚狩団
魚狩団