<< 前のページへ |  1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7  |  8  |  9  |  10  |  11  |  12  |  13  |  14  |  15  |  16  |  17  |  18  |  19  |  20  |  21  |  22  |  23  |  24  |  25  |  26  |  27  |  28  |  29  |  30  |  31  |  32  |  33  |  34  |  35  | 36 |  37  |  38  |  39  |  40  |  41  |  42  |  43  |  44  |  45  |  46  |  47  |  48  |  49  | 次のページへ >>

朱鞠内湖のワカサギ釣り~ウジムシ野郎編~

朱鞠内湖のワカサギ朱鞠内湖のワカサギ2

先月に続き、朱鞠内湖でのワカサギ釣りの様子です。
前日に、知人の結婚式があり、2次会3次会4次会5次会と大騒ぎしまくりでした。
その早朝に起きるのがコレマタ大変・・・集合時間に5分ほど遅れる始末。

結局、現地に到着したのが7時半過ぎた頃。氷結した湖上には、まばらにテントが設営されています。
やはりというか、シーズンオフ間近とあって場所も選び放題です。

朱鞠内湖のワカサギ3朱鞠内湖のワカサギ4

この日の天気は快晴で気温も高く、風も穏やか。
テントを設営するのも面倒だし、必要ないべとの事でさっそく穴開け開始。
7個の穴を開けたところで釣り開始となった訳でありますが、苦戦を強いられる事となる・・・・
食いも渋いし、お隣のご家族連れご一行様は何故か怒鳴り合いながら釣りしてるし、氷下のわかさぎもビックリして散ってしまうのではないかと軽く心配してしまうくらいの騒々しさでしたw

だが、7個開けた内の管理人の穴には比較的良くアタリがあり、そこそこ釣れてる・・・
二日酔いの酒の匂いにでも寄って来たのだろうとイジられる管理人。

この時期のワカサギは小型が多く、一号の針と管理人宅裏の釣具屋の極小赤サシが功を奏したのではないかと思われます。

氷上の焼き肉サイコー!氷上の焼き肉!ビール飲みたかった・・・<>

お昼にはやはり焼肉です。
二日酔いの体でも、この開放感たっぷりの氷上での焼肉を前にビールが飲みたくなる・・・・

さっそく抱卵モノのワカサギを焼いて食す今回のメンバーさん達。
釣りたてピチピチの抱卵モノは格別な味だったそうです。

焼肉も腹いっぱい食った頃、騒々しかったご家族ご一行が撤収していく。
その後、静まり返った氷上に異変が・・・・!
皆さんどんどん釣り上げています。急に入れ食いになり忙しくなる皆様。
原因はやはりアレだったのかと、大笑いでしたw

その後、管理人たに宅裏の釣具屋の赤サシが調子良いとの話から、→たに裏のウジムシ→たにのウジムシ
→ウジムシ野朗と変化しウジムシ扱いされイジられる管理人。
笑いすぎて腹筋が痛いっすw

この日は最後のスパートが効いたのかトータルで96匹の釣果でした。
今期最後のワカサギ釣りは笑いとウジムシ野朗で閉じられました。

ワカサギ鷹?鷲?カッケー!でた!ウジムシ野朗!

朱鞠内湖のワカサギ釣り。

本日は所属するアウトドアサークルで朱鞠内湖ワカサギ釣りに来ました。
約、1時間半かけて到着したのは8時前・・・ベテランの方はそろそろ帰ろうかと思う時間帯ですねw

朱鞠内湖のワカサギ朱鞠内湖のワカサギ2

早速準備開始です。
ワカサギ釣りといえば、この穴あけ作業・・・意外と重労働ですね。
その後、皆様の仕掛けの段取りをして釣り始めたのが9時半過ぎ・・・・

仕掛けは1号の針に赤く染めた細い毛を付け、エサとして白さしを使用。
底の方から探ってみると、さっそくアタリが・・・・
だが、エサが大きいのか針掛かりしづらいようです。
ですが、只でさえ小さい白さしを半分に切る余裕はありませんw

朱鞠内湖のワカサギ3朱鞠内湖のワカサギ4

皆さん、エサを付け替えるのがとても面倒なご様子・・・
その分食い気は落ちるよ~っと言っても腰が重いだけならまだしも、餌付けて~ときましたw
その中で猛烈に釣ってるR氏。
年期とやる気が違います。あっというまに40~50匹釣っています。さすがワカサギ仙人だと思いました。

そして本日初ワカサギのGママさんも順調に釣り上げ30匹程ゲットのようです。
管理人も負けまいと頑張ってみるが、5~6匹で終了www  ウケル

朱鞠内湖のワカサギ5

朱鞠内湖の穴マス 密かに穴マスもやってみました。
 どちらかといえば、コチラのほうに淡い期待を持っていた
 んですが、結局最後まで鈴が鳴らず・・・

 一度、h氏のワカサギ竿にマスらしきアタリが来たきりでした。
 次回はもう少し、工夫を凝らして穴マスに挑んでみます。






一頻り釣りを楽しんだあとは、幌加内の「霧立亭」のそばを食べに行くことに。
今回も「そばの実天そば」を注文。相変わらずの旨さでした。

そばでお腹を満たした後は、「せいわ温泉ルオント」にて温泉に浸かる。
まさしく見も心も温まり、風呂上りのビールも最高w
日々の激務から開放された一日でした。

霧立亭のそばの実天そば風呂上りのビール最高!腕相撲でお子様に負けるケイチャン

紋別流氷まつりへ。

本日は、「紋別流氷まつり」が行われると耳にして紋別観光にやってきました。
この日の流氷岬はチラホラと流氷が確認できたものの、やや迫力に欠けていました。
最近の紋別は流氷ですっかり覆われたかと思うと、翌日には大海原に戻っていたりと、刻々と表情を変えます。
残念ながら野良アザラシの姿も確認できませんでしたw



その後、去年から行われている「紋別流氷そばまつり」会場へ。
今年のそばまつりは「幌加内そば」「美幌そば」「幕別そば」「福井おろしそば」の4地方のそばを楽しめました。
そして別途で「えびてんぷら」「かにてんぷら」「野菜てんぷら」も注文できます。
とりあえず「てんぷら全部のせ」でいただきました。
目の前で、各地のそば愛好家の皆さんが打ちたてを提供してくれます。
味はもちろん抜群に旨かったですよ~



その後、以前から気になって気になって仕方が無かった「紋別オホーツクタワー」へ。
入館料800円を払い、いざ水面下層階に行ってみる。
水面下約7.5メートルから海底を観察できるとあってキャッキャと大騒ぎでした。
あまりにも夢中になりすぎて、画像を撮り忘れましたした・・・
サケ・マスのシーズン中には回遊してくる大きな群れが間近で観察出来るとうです。

展示ルームには流氷の出来るまでや、近海で観察出来る魚たちの捕食シーンなどが映像で流れています。
これもついつい見入ってしまします。



その後、紋別流氷祭り会場に行くも、本日同行者が、もう疲れただの、流氷なんてただの氷でしょとか
寒いのやだとか、おなかが一杯だのしょうもなくロマンの無い事を抜かしやがるんで帰還することに・・・
本当は、会場の写真や氷像を撮ってくるハズだったのだが・・・

また来年も来ます。

 本日の様子をご覧になる方は画像をクリック!鳥のコケそうなシーンもアリw

2月の枝幸港は静か・・・だが、勇気ある一歩を発見

枝幸港はすっかり氷で覆われていました。
釣りシーズン中、釣り人でごった返えしていたのが嘘のようで、辺りは静まり返っています。
この日は日が差したかと思えば、吹雪模様と落ち着かない天候。

真冬の枝幸港真冬の枝幸港2

そして氷上に目をやると、海鳥や動物が歩いた跡が其処彼処に見受けられます。
だが、決して厚い氷とは思えないが、明らかに人間の歩いた足跡が・・・・!

なんて勇気がある人がいるもんだと驚いた瞬間でしたw
(漁港内の氷が厚いからといって氷上を歩かないほうが良いでしょう。決してマネをなさらないように)

真冬の枝幸港3薄氷の上を歩いてはいけません

紋別港の様子(遅くなりましたが今年初更新です)

久々の更新です。そして今更ですが、今年も宜しくお願い申し上げます。
最近の紋別港の様子ですが、釣り人の姿もめっきり少なくなりました。
流氷こそまだですが、主要なポイントにも薄氷が張り、釣りにならなくなってきたようです。

紋別港紋別港2
紋別港3紋別港4

それでも第二埠頭では氷の張っていない僅かな場所で釣り糸を垂れる光景も。
数こそ少ないようですが、大チカがポツポツといったところでしょうか。
来週あたりには、この箇所も氷で覆い尽くされてしまうことでしょう。

紋別港5紋別港6

まだガリンコ号に乗船したことが無いっす。
今年こそは乗船してみたいですねw
<< 前のページへ |  1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7  |  8  |  9  |  10  |  11  |  12  |  13  |  14  |  15  |  16  |  17  |  18  |  19  |  20  |  21  |  22  |  23  |  24  |  25  |  26  |  27  |  28  |  29  |  30  |  31  |  32  |  33  |  34  |  35  | 36 |  37  |  38  |  39  |  40  |  41  |  42  |  43  |  44  |  45  |  46  |  47  |  48  |  49  | 次のページへ >>

釣り情報ポータルFish/up
◇釣りの検索◇釣りバカサーチ
釣りガイド
IRIE-TIME
北海道 旭川サーチエンジン

旭川鮭鱒会
Street Bikers
SnowBreeze
旧魚狩団
魚狩団