<< 前のページへ |  1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7  |  8  |  9  |  10  |  11  |  12  |  13  |  14  |  15  |  16  |  17  |  18  |  19  |  20  |  21  |  22  |  23  |  24  |  25  |  26  |  27  |  28  |  29  |  30  |  31  |  32  |  33  |  34  |  35  |  36  |  37  | 38 |  39  |  40  |  41  |  42  |  43  |  44  |  45  |  46  |  47  |  48  |  49  | 次のページへ >>

紋別のチカの様子と、そしてサケは?

本日はチカサケの様子を見に紋別港へ。最初に訪れたのは紋別港第三埠頭です。
丁度正午をまわった頃だが、多くのチカ狙いの釣り人で混雑していました。
良い具合に群れが回遊してきているのでしょうか、皆様、大変忙しそうに釣り針からチカを外しています。
見たところ、入れ食い状態です。
サビキを投入して、数回シャクリを入れた所で数匹のチカがゾロゾロと釣り上げられていきます。
サイズも15センチ前後と大きめ。
そして、割り箸サイズですが、時折サンマも混ざっているようです。

紋別のチカ釣り紋別のチカ釣り2

特に、角地にいる釣り人は大変忙しそうでした。
3本ほど竿を出してるようですが、一本の竿を上げては次の竿、そしてまた次の竿へと順番に上げていますが
その都度、3~6匹が掛かってきています。

皆様大変忙しそうだったの声も掛けれずの次の場所へ。

紋別のサケ釣り2

やはり気になるのはサケの様子です。
最初に見に行ったのはオホーツクタワー防波堤。そして、釣り人はお一人だけ・・・
しかも、コックリコックリとお昼寝の真っ最中です・・・状況を聞くまでも無いご様子でしたw

そして、次に訪れたのがモベツ川河口導流提。
そして先端に釣り人が一人。他には見当たりません・・・・
その方に様子を聞いてみようと近づいてみる、声を掛ける前に気がついて良かったのですが
有り得ない大きさのフックを投げては高速で巻き時に大きくしゃくるを繰り返してる・・・・
思わず脱力したのでそのままリターンし、馴染みの釣具屋さんへ。

その釣具屋さんで良いサケの情報が聞けました。
紋別タワー防波堤とモベツ川河口では、早朝にまぁまぁな釣果が続いてるらしい。
例年よりもかなり遅れてはいるが、少ない釣り人の割りに数は上がっているらしいとの事。

そして、常呂も例年より遅れて大きな群れが入ったらしいとの事。
斜路周辺で全体で30本ほどの釣果があったそうです。

そして一番衝撃的な情報は○○漁港で夜釣りが大変好調だとか・・・
日没後の3時間後辺りから、ルミコを付けた仕掛けで、数日通っているらしいのですが毎度5~8本の釣果があるとの事です・・・
その紋別から北に走り、約40分ほどの漁港でそこの地元の方から教わったらしいです。
その地元の方も長いことサケ釣りをしてるらしのですが、夜釣りでこんなに釣れたのは初めてだったとか・・・

今年は色んな理由で不漁が囁かれていますが、まだまだいけるのではないかと感じました。

そして、最後まで読んで下さった方の為に、その夜釣りで釣れる漁港名をこの記事のどこかにひっそりと隠しておきます。
ヒントは目に見える文字だけが文字ではないです  →  空白?

よくぞ見つけてくれました。その漁港名は魚田漁港。斜路に溜まっているらしく人も少ない。ただ、サケは水物だけにいつまで夜釣りで釣れるかはわかりません。ルミコを付けたフカセ釣りで餌は小さ目が良いそうです。

厚内漁港のサケつり記。

厚内漁港でサケ釣り 本日は爆釣の報が入り、単身厚内漁港へ。
 勿論サケ狙いです。
 厚内漁港へ入るのは今回が初で、複雑な
 造りとなっている為、いまいちポイントが分か
 りません。人が多く居そうな場所に向かって
 みると、居ました。厚内漁港外海に面する
 防波堤
にはサケを狙う釣り人で賑わってい
 ます。 そして足元には数多くの血痕が残っ
 ています。ですが、決して新しいものではあり
 ません。そしてテトラ角周辺に釣り人が集中
 している様子です。見た感じ確かにサケが溜
 まりそうな感じの場所で、現に若干跳ねてい
 ます。
 
 
厚内漁港でサケ釣り2 そこには北オホーツク周辺ではあまり見かけない垂らし釣り
 の釣り人も。興味があったので様子を聞いてみると、早朝は
 釣れたが、日が昇ってからはポツポツとの事。そして、ウキル
 アーの釣り人にも様子も聞いてみると、殆ど釣れていないと 
 渋い表情です・・・なんでも、釣果は垂らし釣りの人ばかりに
 集中しているとか・・・
 それなら、ウキフカセでも一緒じゃね?っと考え早速フカセの 準備。入れそうな場所も無いんで、一番端に入る事に。


棚は適当に2メートルぐらいとってみた。
ピンクのタコベイトに餌としてソーダカツオを軽く塩で〆たものを使用。
雰囲気的に食いが渋い様子なんで、短冊切りにしたものを半分にしてやってみる。

そして、お隣の方にも様子を聞いてみたが、全くダメとの事・・・ 
数日前は調子が良かったと聞きましたが?と尋ねると、それは先週の話でもう終わったよと・・・orz

多少ガックリしながらもウキを見つめる。そして、垂らし釣りの方に連続してヒット!
垂らし釣りでヒットするならコッチにもくる筈だと信じていたが、一向にアタリなし。

暫くして、餌を代えようかとリールを巻くとガクンガクンと手ごたえがあり竿が弓なりに!!
????と、思った瞬間に軽くなりました・・・・
全くウキには反応が見られなかったが、サケが来ていた様子です。
あまりにもショックな出来事でドキドキと悔しさで一杯w

厚内漁港でサケ釣り3 ←丁度、この辺りに釣り座を構える。 血痕はまばらです・・・

フカセにも来ると確信してウキに集中。その直後に微かなアタリがきた!!
チョンチョンと微かなアタリ・・・でも、続かない・・・
そして横にゆっくりと動き出した!! そこで思い切りアワセると掛かった!!
お隣のおじさんがすかさずタモ入れのお手伝いをしてくれる。
んだが、タモに中々入らず・・・そしてフックアウトとなってしまった・・・
申し訳なさそうな表情を浮かべるおじさん。なんだか逆に申し訳なくなってきました。
しっかりフッキングさせなかったオイラのせいなんで、おじさんは気にしなくて良いのですよと。

さらに十数分後、またウキに反応が!!!
ヒョコっとウキが沈み、そのまま引っ張られていく・・・・

ラインがダルダルでアワセまで時間がかかったがなんとかフックオン!!
そしておじさんがタモいれを手伝ってくれて今度は無事にネットインです。

厚内漁港でサケゲット

ブナ色が入ってる68センチのメスでした。
岸壁際でのヒットでそれ程のファイトも無かったが、なんとか一本釣ることが出来ました。
もしかしたらですが、ラインがダルダルでアタリがきてから巻き取ってる間の間が良かったのかなと。

厚内漁港のサケ

それから暫くして、またアタリがきた!!
チョンチョンとしたあたりが続くが、ウキが沈むまでに至らない。
試しに、チョンチョンの最中アワセてみると、奇跡的にかかった!!!
そして、またタモ入れの最中にバラしてしまった・・・・orz
完全に咥え込む前にアワた為に、浅い所に掛かっていたのだと思います。

その後、防波堤の中間程ににた釣り人がコチラへ移動してきて非常に釣り辛くなってしまう・・・
仕舞には、近くの釣り人同士で怒鳴りあいの喧嘩までおっ始める始末・・・・
俺の場所がどうの、割り込みやがってどうしたとか見ていて痛々しくなってきました。

どの釣り場でもそうですが、お互い譲り合いながら楽しく釣りを楽しみたいものです。

結局、ラインが交差しまくりでウキ釣りではムリと判断して撤収となりました。
後片付けを終えて暫く様子を見ていましたが、垂らし釣りの方に釣果があったがウキルアーでは
厳しい様子でした。

イクラちゃん大粒のイクラ

久々に持ち帰りました。
そして、ツブの大きさにビックラ!大粒で、まだ卵皮も薄く柔らかでした。

さて、今年はあと何回行くのか、それとも今回で終了となるのかは今後の天気次第です。

各地でサケが不漁のようです。

道内各地で「サケ不漁」との記事が見られます。

増毛商工会ブログ。

なんでも、今年九月の漁獲量は前年比より二割も下回ったそうです。
特に日本海側は5割減、オホーツク海側は3割減と深刻です。
太平洋側はなんとか前年比を少し上回っているようですが、各地がこれからいくらか持ち直したとしても、漁期全体の減産は確実のようです。
秋サケ漁獲量は03年の206,000tから3年連続で減少し、06年は165,000t。減産傾向に道や道漁連は先行きを心配している・・・・

そして今年は一般的に「高水温」の影響で来遊が遅れているとの見方が有力だが、4年前の春先の「低水温」も原因の一つらしい。今、回帰している鮭たちが孵化して海に下った時の海水温度が低かった為に、餌となるプランクトンが少なく、順調に育たなかったためだとか。

さらに興味深いニュースもあった。

それは、道内のある孵化場では、稚魚の消毒薬の使用をやめた4年後が今年のサケ来遊年に
当たるからだ、というニュースだ。
なんでも、4年前まではホルマリンを揮薄したものを消毒薬として使用していたらしいが、平成15年に薬事法が改訂された結果、食の安全面からホルマリンの使用が禁止され、その年に放流されたサケの稚魚の多くが死んでしまったという事である。
この記事を見る限り、オイオイ来年からはどうすんのよ??っと心配になるが、代替品として緑茶(カテキン)を使った新たな消毒薬に切り替え、経過は悪くないとの事です。

全てが上記の理由に起因している訳ではないと思いますが、来年、再来年はいったいどうなってしまうのでしょうか・・・
それでも遅れて一気に来遊してくれる事を密かに期待しています。


紋別港のサケの様子は?


本日は紋別港サケ釣況を見に来てみました。時刻は丁度12:00を回った模様。
最初に来たポイントはオホーツクタワー防波堤。早速、お知り合いの釣り師さんを発見、状況を聞いてみる。
抜けるような青空だが風が非常に強く、うねりも有りやや濁り気味の様子。

紋別港のサケ釣り ←オホーツクタワー防波堤

肝心の釣果だが、早朝に10数名の釣り人がいたらしく、全体で10数本釣れたらしい!!
って、以前網走で200名程で20本ぐらいだったのに、10数名で10数本とはややいい感じでは?
仕掛けはウキフカセが好調のようで準じてウキルアーにもヒットしていた様子です。

紋別港のサケ釣り2 ←オホーツクタワー防波堤

だが。日が高くなるにつれ、うねりも増して風も強くなり一人、また一人と釣り人が減っていったそうな。
結局、早朝に集中していたようで日中は殆ど釣れていなかった様子でした。

その後、去年大爆釣した石炭置き場付近に行ってみる。

紋別港のサケ釣り3 

ここでもお知り合いの方に会う。
様子を聞いてみるが、サッパリとの事・・・・
9月下旬頃には群れも入り、上げ調子だったらしいがこの有様だよとガックリのご様子。

紋別港のサケ釣り4

それでも、早朝にぶっこみで数本釣れたらしいとの事。
そして、向かって右側の傾斜路の約○0メートル付近に大量に溜まってるとの事。
だが、古い群ればかりで斜路の金網に根掛りする確率も高く人気が無い様子。

試しに、お気に入りの銀赤スプーン+タコベで狙ってみるが案の定根掛りでロスト・・・orz
ガックリきたんで、ガリンコ乗り場の様子を見に行く事に。

紋別港のサケ釣り5

斜路付近を覗くも、先日まであれだけいた群れの姿は確認出来ず・・・
変わりに、いけない事をするおじさんが多数・・・・
その後警察も来て、そして誰も居なくなった・・・・

紋別港のサケ釣り6

去年の今頃はウジャウジャ確認できたサケだが、今年は何処に・・・

結局、この日はサケの姿は目にすることが出来ませんでした・・・

週末の天気が非常に気になります・・・

乙忠部港のサケ釣り。

本日は乙忠部港サケの様子を見にやってきました。
昼休みの時間だったので漁港前のコンビニで弁当を買い、船揚場で弁当を食いながら様子見です。
港内全体には10人程の釣り人がサケを狙い、ウキルアーウキフカセといった仕掛けで挑戦中です。

乙忠部港のサケ釣り

規模の小さな漁港で多くの船も係留されていることから釣り場は意外と少ない様子。
ですが、釣れてる気配はありません。
だが、よく見ると跳ねてる!テカ、メチャクチャ跳ねてます!!
恐らく、魚はいるが古い群れで食わない魚ばかりなのでしょう。

物は試しで、管理人もやってみたくなりましたw さっさと弁当を食い、ちょいと竿を振ってみることに。

乙忠部港のサケ釣り2

入った場所は目の前の船揚場。斜路には2名の釣り人がいましたが、前々ダメとの事です。
恐らく、ブナばかりだろうと思い、ブナにやや有効と思われるウキなしのスプーン+タコベでやってみる事に。
つーか、釣りする予定は無かったんで、餌も道具も無かっただけなんすがねw

乙忠部港のサケ釣り3 最近気に入ってる銀赤の小さいスプーンでやってみる。

そして、4~5投目で根掛り・・・・って、違うぞおい!!!!
ナニ!!っとすかさすアワセをくれる。
ぐわんぐわんと走るが妙に重たく違和感を感じる・・・ヤハリ・・・アレか・・・

すいません、背中から上がってきました・・・・↓

スレでした

ブナブナのメスでした。有無を言わずリリースです。
つーか、クーラーBOXも袋も持ってきていないんでリリースするしかないんです。

っと、お隣のおじさんが要らないんなら貰うよと、さらっていきました。


そして、さらに4~5投目で今度はいきなりガツンとキタ!!
マジ!!!っとすかさずアワセをくれる!!!
オイオイオイ!今度はちゃんと口に掛かってるぞ!!っと、ファイト。
周りに人も居ないし、もしかして今期最後のサケになるかもしれないと頭を過ぎり思い切り遊んでもらいました。

ジャンプとかしてくれなかったのが心残りだが、無事ゲットとなりました。
ブナブナのメスです。皮一枚のスレスレの所に掛かっていました。

乙忠部港のサケ釣り4

またリリースした所で、さらわれていきました。
もう少しやっていたかったがタイムオーバーで終了となりました。。
しかし、今年は今回やこの日とかこの日のように、チョロっとやった20~30分の間で釣れたりしたが、
逆に、早朝から気合を入れて来たこの日とかこの日はなんだったんだと・・・本当に力が抜けます。

今週末は天候が荒れる予報なので行けるかどうか微妙な所です。
<< 前のページへ |  1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7  |  8  |  9  |  10  |  11  |  12  |  13  |  14  |  15  |  16  |  17  |  18  |  19  |  20  |  21  |  22  |  23  |  24  |  25  |  26  |  27  |  28  |  29  |  30  |  31  |  32  |  33  |  34  |  35  |  36  |  37  | 38 |  39  |  40  |  41  |  42  |  43  |  44  |  45  |  46  |  47  |  48  |  49  | 次のページへ >>

釣り情報ポータルFish/up
◇釣りの検索◇釣りバカサーチ
釣りガイド
IRIE-TIME
北海道 旭川サーチエンジン

旭川鮭鱒会
Street Bikers
SnowBreeze
旧魚狩団
魚狩団