<< 前のページへ |  1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7  |  8  |  9  |  10  |  11  |  12  |  13  |  14  |  15  |  16  |  17  |  18  |  19  |  20  |  21  |  22  |  23  |  24  |  25  |  26  |  27  |  28  |  29  |  30  |  31  |  32  |  33  |  34  |  35  |  36  |  37  |  38  |  39  |  40  | 41 |  42  |  43  |  44  |  45  |  46  |  47  |  48  |  49  | 次のページへ >>

近郊の湖でミノーにニジマスがヒット!

最近はカラフトマスばかりだったので、久々にニジマス釣りに近郊のへ。
旭川市内は蒸し暑く、避暑地にもピッタリな場所でした。(テカ、寒いぐらいでしたがw)

ポンテシオダムミノーで釣れるかな?

この湖で狙える魚種は、アメマスニジマスブラウントラウト
噂では、80クラスのブラウンも釣れたとの話もあり、淡い期待を込めてルアーを振ってみる事に。
ブラウントラウトは定着型であり、湖底の倒木などの陰に潜んでいる場合が多い。
使うルアーなども底を狙えるディープミノーや、スプーンを底まで沈める釣り方などがある。
そして、アメマスニジマスは回遊型で時期によって違いがあるが、表層~中層でも狙える魚種。

この釣り場は足元が急激に深くなていて、徐々に浅くなるポイント。
根掛りが必至のポイントなので、中層を泳ぐミノーを投入してみた。

それから1時間ほど攻めるが、全くアタリ無し・・・
カスリもしない雰囲気・・・
その後、スプーンやワームと色々試してみるが、まったくダメ・・・

しょうがないんで、カラフトマスで使ってみようと思って購入したが、忘れたままだったブルー系の
ミノーを使って見ることにした。

ブルーミノーが半額! ←近所の釣具屋で半額の値札に釣られて購入。

30分ぐらいダラダラと振り続けていると、ガクッガクガクっ!とアタリが来た!
速攻でアワセるが、フックオンせず・・・心臓がバクバクしてます・・・w

この事件で俄然とやる気が湧いてきた!
それからさらに30分ほどしてついにキターーー!!

しっかりとシャクリ、針掛りさせレッツファイトw
っと、結構なファイトだ!っと、跳ねた!軽くドラグもジジッと鳴った感じで走りまくってます。

ニジマスゲット

そして久々のニジマスゲットとなりました!

48㎝のニジマスニジマス

48センチと中々のサイズでした。
湖には生息していなそうなブルー系のミノーにまさかのヒット!今回のおいしいポイントでしたw

最近、カラフトマスにどっぷり浸かっていたので良い気分転換になりました。
さてさて、来週からはいよいよサケ釣り開始です!

ニジマスはサケが終わった初冬にまた行きます。

問牧川河口のサケ接岸状況~興部のカラフトマス釣行

問牧川河口

本日は、問牧サケの様子を見にきました。
問牧川河口付近には数人の釣り人の姿が。
暫く様子を見てみるとカラフトマスが釣れてい
ます。何れもフライマンにヒットしてるようでし
た。防波堤からふと問牧川を覗くと凄い数の
カラフトマスが溯上しようかと行ったり来たりを
繰り返しています。暫く見ていても飽きないも
んでしたw

肝心のサケの様子ですが、この日は波が
やや高く、底濁りしています・・・
テトラ角あたりはうねりで危険な状態・・・
できればここで竿を振りたいと思っていたが
無理だと判断・・・・


問牧のサケの様子
 地元の釣り人らしき方とお話する機会があっ
 たので聞いてみたが、海水温がやや高めで
 推移しており、水温が下がれば沖に待機し 
 ている群が接岸する可能性があるとの事。

 にしても、この濁りでは・・・・と判断し
 急遽、前回絶好調だった興部方面へ下る事
 にしました。










沙留海岸の様子沙留海岸の様子2

18時20分頃、興部のこの海岸では数人の釣り人がいます。
丁度、干潮時にあたってるらしく河口がはっきりと分かります。
折角来たのだから釣りしないワケにはいきません。さっそく準備し、赤銀のスプーン単体で試してみる事に。
この時期に何故か河口の真ん前がガラ空きだったので遠慮なく入らせていただきました。

沙留のカラフトマス

そしてやや薄暗くなってきた頃、溯上を試みようとするカラフトマスの姿が増えてきた。
テカ、増えてきたってもんじゃないです、一気に来ました!
んで、周囲をみると一気に釣り人の姿も増えていますwww

その後、ルアーを遠投し着水後間もなく、異変が!
一気に引き込むアタリが!速攻でアワセると走るは跳ねるはの大騒ぎw

なんとか岸に寄せ引きずり上げると、セッパリの60cm程度のカラフトマスでした。
ナイスファイトありがとう!がんばよ~!メスと出会い思いのたけをぶちまけろよ~!とエールを送りリリース。

沙留のカラフトマス2

その後、すぐに波打ち際でヒット!
薄暗い中での撮影で画像がはっきりせず申し訳ないです。
50㎝程のメスでした。
いい男とめぐり合い無事に卵を産んでこいよと元気づけリリース。
その直後またメスを釣り、すぐさまリリース。

この日は暗くなる1時間の間に3本ゲット、バラシ5本(スレ含む)と相変わらずの好調ぶりでした。
来週あたりからサケの便りが頻繁に聞こえてきそうな雰囲気です。
管理人も、来週はサケの早場で知られるポイントを攻めて来たいと思います。

オショロコマの降海型ドリーバーデン登場!


少し前の話になってしまいますが、とってもレアなお魚が釣れたとの情報をいただきました。
たかだ畑さん情報ありがとうございます。そして快く画像提供を承諾していただき感謝いたします。

その魚は枝幸近郊のとある漁港で釣れた模様。
たかだ畑さんご夫婦はその漁港でカラフトマスを狙いに訪れていたそうです。
最初に奥さんがカラフトマスをゲット。
その後、たかだ畑さんは釣友さんと和気藹々としながら釣りを楽しんでる時にソイツは釣れたそうです。





そのレアなお魚とは↓の画像だ。








































ご覧の皆様、このお魚がお分かりになるでしょうか?

このお魚、「オショロコマ」の「降海型」の「ドリーバーデン」でございます。
「ドリーバーデン」とは、早い話が海に降ったオショロコマの事である。
そしてこの「ドリーバーデン」は非常に稀で、しかもこの60cmクラスは殆どお目にかかる事ができないらしい。
「ドリーバーデン」という名は、イギリスの有名な小説に出てくる少女・ ドリーバーデンから由来しているらしく、いつも赤玉模様の服を着ていたことから、その少女の名前をとって名付けられたという事です。


テカ、この「ドリーバーデン」を検索エンジンで調べても中々ヒットしないんですよ・・・
google先生に聞いても情報量が少なく、ここまで成長した画像はありませんでした。(もっと探せばあるかも)
それほど珍しいという事でしょうか。





オショロコマ

北海道、特に鹿追町で有名な魚・オショロコマは道内山岳地帯の河川に生息するもので、石狩・知床・日高での高山河川では普通に見られる魚です。然別湖特有のオショロコマは、然別湖がカルデラ湖なので陸封型、他の河川の魚は降海型なのです。

然別湖のオショロコマはミヤベイワナと言われ、宮部金吾(北大名誉教授)植物学者が命名したもので、鰓のギザギザが多いのと血液型が違うのが特徴です。

イワナより小さい白点に、鮮やかな朱点。河川残留個体は小型で20cmを超えるものはまれですが、陸封型には大型が多い。また管理釣り場に放流されているものは、養殖のために大きいです。

興部近郊海岸のカラフトマス爆釣記

興部のカラフトマス釣り
 本日は、前回あまりにも場所を選びすぎて
 失敗したので、今回は混んでいても釣れる
 場所へということで、管理人が勝手に師匠と
 仰いでいるturenai-turishi50さんからの有難
 い情報を元に興部近郊のとある海岸へ。
 かなりの混雑が予想されるので、早めの
 行動で22時には現場に到着。
 既に、6~7台の車が停まっています。
 
 1:30まで仮眠を取り、準備開始。
 2:00には一番乗りで竿を降り始める管理人
 と魚狩団@sachiの二人。

あまりにも早い開始ではないかと思ったがそんな事はなかった。その後、ゾロゾロと釣り人が入ってきます。
満潮時の為、河口の形がよく分からず場所の選定にかなり悩んだが、干潮時の事を考えて手前側で釣り
座を構える事に。


興部海岸の河口

(その後、潮が引いて河口の形がはっきりする。奥側で釣り座を構えていたら悲惨な結果でしたw)

あっというまに釣り場は人でイッパイ!
今回もウキルアーで攻めてみる。

スプーンルアー ピンクに黒斑点のスプーンにピンクタコベー

そしてお馴染みの紅イカとスペシャルな餌の合掛けで攻めてみる。
棚はやや深めの1.5mほど取ってみた。

そして夜も明けない暗いウチからアタリがあるものの、フックオンしない。
興味はあるものの、鼻先でツンツンしてるだけの様子・・・

んだが、日も昇り始め辺りが明るくなった頃、管理人の竿に勢いのあるアタリが!
ワンテンポおいてアワセてみると見事にフックオン!波打ち際でのヒットでした。

カラフトマス

それから数分後、今度は魚狩団@sachiの竿に異変が!
あっ!とか言いながらアワセが甘く、間もなくバラしてしまう・・・残念。
っと、回収しようと巻いてるとなんと波打ち際で再ヒット!
魚狩団@sachi生涯初となるカラフトマスゲットにキャッキャしまくってます。
なんか知らないけど、管理人までキャッキャしてましたw

それを境に河口周辺ではお祭り騒ぎの如く釣れまくっています!はい、ドンチャン騒ぎですw

ルアーでカラフトマス釣り

管理人も2本目を釣った頃から、これならタスマニアンデビルでも釣れるべと投入してみた。
すると一撃目でヒット! これが面白くて暫く続けるもバラシの連続・・・・
さっさとサビサビのフックを交換しない管理人のミスです。

んで、バラシを連発している間に魚狩団@sachiってば順調に本数を伸ばしています。
既に、4本ゲット。管理人ってば完全に負けてますwww


カラフトマスゲット!

日も完全に昇り、徐々にアタリの回数も減ってくる。
今のところ、管理人3本ゲット。
魚狩団@sachiは4本ゲット。
5時半頃に、もう十分釣ったから帰りたいと抜かしやがる魚狩団@sachi

まだ帰りたくない管理人は、「7時頃から朝の群が来るからまたお祭り騒ぎなるぞ」と適当な事を言って
帰らないように説得w

それからすぐにヒットし更に差を付けた魚狩団@sachi・・・


カラフトマス爆釣

周囲でもアタリが無くなったのか帰っていく釣り人の姿も・・・
そして七時を前にして、本当に大きな群が入ってきた!
連続でタスマニアンデビルにヒット!
やはりバラシも多く、泣けてくる。
恐らくバラシだけで8~9本も・・・マジ泣けてくるっす。

その後、スプーンに変え、バラシも軽減され30分程で3本追加しトータルで6.本の釣り果となりました。
タスマニアンデビルに拘らず、さっさと変更していれば本数を伸ばせて可能性も十分あります。

その群の来ている間、魚狩団@sachiといえば友達に自慢の電話してるし・・・アフォかと思いましたw



この日の釣果は終了した7:30までに二人で11本でした。

 ← 本日一番活躍したルアー


今年はカラフトマスの当り年のようで、アチコチで爆釣の話を聞きます。
去年はいったいなんだったんだと・・・
去年は散々通い続けて9月の上旬に1本だけでした・・・

今年は思いのほか漁獲高があったんで、そろそろサケ釣りの準備でも始めようかと・・・

元沢木川近くのカラフトマス釣り。

元沢木川近くの川 今回訪れたのは元沢木川近くのチョロ川へ。
 なんせお盆休み真っ只中で混雑する場所は
 勘弁なんです・・・
 現地に2:30に到着。既に3台の車が待機中。
 それから数十分で次々と釣り人が来ます。
 意外な展開に急いで準備し、河口へ向かうも
 既に先客がいらっしゃいました。
 早速、ウキルアーでチャレンジしてみる。
 青系のスプーンにピンクのタコベー+紅イカ。
 棚は1メートル程とってみる。

 やや薄明るくなったころに辺りを見回すと
 マイナーなハズのこの場所でも20名程の釣り人
 が入釣しています。


ですが、明るくなってもハネもモジリも見受けられません・・・
当然アタリもありません・・・
が、今回カラフトマス釣り初参加の魚狩団@sachiが、なんかチュンチュンしてたけど?見たいな事を言ってる。

結局アタリもないまま時間だけが過ぎていきます。
4:30頃にhiroさんと合流。
なにやら怪しげな仕掛けを投入している模様w


カラフトマス

そして、hiroさんが始めて15分程経った頃にいきなりのHIT
50㎝ぐらいのオスのカラフトマスでした。

周囲でも殆ど釣れていない様子・・・
てか、魚が居ない様子・・・

そんな中、またアタリの来るhiroさん。
残念ながらフックオンぜず・・・

あの怪しい仕掛け、良く聞いてみて納得!なるほど~っと思いました。

オムサロ1オムサロ2オムサロ3

その後、hiroさんにはアタリはあるものの、周囲でも1~2本しか釣れていない様子・・・
結局、お盆でも混雑覚悟で釣れる場所に行かないとダメだという事に。

移動した先は、去年の同じ頃に訪れた導流堤へ。
その導流堤の先端には4~5名の釣り人の姿が。
去年のこの場所は大変混雑していて、混んでるだけならまだいいがマナーの悪さにガックリしていた場所で
避けたい釣り場の一つとなっていました。

そして浜辺から様子をみていると、短時間でバンバン釣っています!
うひゃ!っと思いながらも、そこで釣りするかどうするか迷っている魚狩団メン。
導流堤前の砂浜でチャレンジするもアタリなし・・・
その間にも導流堤の釣り人はバンバン釣り上げている様子。

結局、昼前に導流堤に移動するも時既に遅し・・・群の数は激減・・・・
群が来ても食いません・・・・ガックリ。
おまけに小虫がプンプンと五月蝿いし・・・

結局、夕方近くまで粘るも、この日はhiroさんの1本で終了となりました・・・

明後日は混雑してもいいので釣れる場所に行きます。
<< 前のページへ |  1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7  |  8  |  9  |  10  |  11  |  12  |  13  |  14  |  15  |  16  |  17  |  18  |  19  |  20  |  21  |  22  |  23  |  24  |  25  |  26  |  27  |  28  |  29  |  30  |  31  |  32  |  33  |  34  |  35  |  36  |  37  |  38  |  39  |  40  | 41 |  42  |  43  |  44  |  45  |  46  |  47  |  48  |  49  | 次のページへ >>

釣り情報ポータルFish/up
◇釣りの検索◇釣りバカサーチ
釣りガイド
IRIE-TIME
北海道 旭川サーチエンジン

旭川鮭鱒会
Street Bikers
SnowBreeze
旧魚狩団
魚狩団