<< 前のページへ |  1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7  |  8  |  9  |  10  |  11  |  12  |  13  |  14  |  15  |  16  |  17  |  18  |  19  |  20  |  21  |  22  |  23  |  24  |  25  |  26  |  27  |  28  |  29  |  30  |  31  |  32  |  33  |  34  |  35  |  36  |  37  |  38  |  39  |  40  |  41  |  42  | 43 |  44  |  45  |  46  |  47  |  48  |  49  | 次のページへ >>

猿払のイトウ釣り記


 仮眠を取り、ややすっきり顔のAzu氏と、全く仮眠出来なかった管理人はイトウ狙いである河川へ来ております。(更新が遅くなり申訳な いです)この川では過去に96センチのイトウを釣 り上げた事もある
Azu氏。果たして今回は??

早速、ミノーでガンガン攻める二人であるが、 全くアタリなし。そして、何時もは流れのある川 だが、河口が砂で塞き止められ流れがない状態・・・流れが無いと魚も動かないんでは?? など話ながら竿を振るが全くダメ・・・





結局、巨大うぐい2匹で終了です・・・orz
更新が大変遅れていますが、次回は三連休最終日のオホーツク海岸でのカラフトマス釣りの様子を更新予定です。

オホーツクのカラフトマス・サクラマス釣行記。

今期、早い幕開けとなりましたカラフトマス
サクラマスの釣行記であります。
早朝にやってきたのは道北のオホーツク海
とある河口。既に、この河口ではカラフトマス
釣れたとの情報もあり、夜明けと共に実釣。
今回、久々の釣行となるAzu氏。薄暗い中
ルアーで探ってみるもアタリなし。
管理人たにはフカセで試してみる。
エサはソウダカツオを使用。
んだが、コレにもアタリなし・・・
その後、ウキルアーやら紅イカやらを試してみる
も、全くアタリなし・・・orz
跳ねや足元を泳ぐマスの姿を確認するも、時間
だけが過ぎていきます。




 日も高く上った頃に、場所を移動する事に。
 やや北上した所にある河口に移動するも、まったくダメ。
 結局、疲れも出てきて、小休止なりました。
 軽くメシを食い、次はどうするかと作戦会議。
 会議の末、更に北上し近年有名になってきた河口に行く事
 にしました。
 その場所は人気の場所とあって、数台の車を確認。
 その時、既に午前8時過ぎ。諦めて帰り支度の釣り人も
 見受けられたが、構わず釣り開始。


 私達が開始する頃には釣り人の姿は殆どありません。
 んま、ダメモトってやつですかwww
 その直後、ダメムードを一気に打ち破る出来事が!!
 管理人たにの竿にコツコツッと微かなアタリが・・・
 過去に、サケ・マス類のアタリは小さいと学習していたの 
 で、あわせずに送り込んでみる。
 連続したコツコツに変わったあたりでダメモトであわせて
 みるとキターーーー!
 見事にフックオン!!





しかも、波打ち際でのヒット!ウギャウギャ言いながら必至にリールを巻く管理人。
その傍らでウソ!マジで!?と信じられない形相のAzu氏。
最初はカラフトマスか!?と思っていたが後にサクラマスと判明。
銀ピカリンのとても綺麗な44㎝のサクラマスでした。

それからイッキにテンションの上がるAzu氏と管理人。その直後にまたキター!!っと叫ぶが、カレイでしたw
連続でカレイを釣るものの肝心のヤツは現れない・・・
その後、それらしいアタリを確認するがフックオンせず・・・



その後、疲労もピークに達して終了となりました。
後で聞いた話ですが、尾びれに斑点が無いヤツがサクラマス
(帰宅後に開いてみると、とっても鮮やかな朱色で旨そうなヤツした~雄でしたがw)
この日は結局カラフトマスにお会い出来ませんでしたが、明朝に期待して仮眠を取る魚狩団でした。

                                                         次回に続く・・・・


カラフトマスの接岸状況

各所でカラフトマスの朗報が聞こえて来ました。
早速、藻興部川へ視察に行くw
ここ藻興部川地元のおじさんからおいしい話も聞けましたw

藻興部川のカラフトマス

んだが、この有様・・・
見事に水没しております・・・orz
完全に河口が塞がっております・・・その影響で川の水が溢れているワケです・・・・


藻興部川のカラフトマス2

こんな感じです・・・

藻興部川のカラフトマス3←普段はこんな感じです(2006年8月の様子)

藻興部川のカラフトマス4

間違ってカラフトマスが登ってきたらウケるな~と期待しながら見てましたがムダでしたw
でもカワガレイが折り重なるように群れてましたがwww


藻興部川のカラフトマス5

しかも、大荒れ・・・・
軽く竿を振ってみようかと考えていましたが無理でした・・・
去年は不調に終わったカラフトマスだが、今年はいかに!?

留萌三泊埠頭のマメイカ釣り。

三泊埠頭
予定より早く仕事から解放され、やや体調も
良くなり、三泊埠頭マメイカを狙いに。
石炭粉まみれの三泊埠頭だが、日によっては好
釣果が期待出来るとあってかマメイカを狙う釣り
人で大変賑わっていました。

入る場所が無かったので、ウロウロしていると
顔なじみのおじさんを偶然発見。詰めれば入れ
るから隣へ入れよとおじさん。ラッキーでしたw
おじさんの釣果を聞いてみると、午前11時から入
り、約5時間で18パイ。
おじさん曰く、18ハイなんてダメなほうだとか・・・

おじさんからオレンジのエギが調子がイイ!と
情報を貰い、さっそく試してみる・・・・
すると、一撃目でキター!!!
っと、思いきや寸前の所でバレました・・・・orz
あと、数十センチの所でした。。。。
一撃目でくるなんてスゲ!wwwとか思いながらドキドキワクワクして竿を振るも、その後全くダメ・・・・orz

マメイカ

そして、竿を降り続ける事2時間弱で、竿先に妙な重さを感じる・・・
コレハ!!っと思い一定の速度でリールを巻いてみる・・・
そしてやりました!マメイカの登場ですwww

マメイカ2

前回水没したバッカンの代わりにおnewなバッカンに入ってもらいます。
実は、オイラがこの1パイを釣るあいだ、顔なじみのおじさんってば5~6ハイは釣ってます・・・・
なんでそんなに釣れるの??っとイロイロ聞いてみた。
まず、竿とリールはほぼ同じもの。んで、使ってるエギの大きさ、色もほぼ同じ・・・
オイラは小細工してエギマックスなるイカが好む臭いを発するスプレーも使用しているが、おじさんは使っていない。
じっくりと釣り方を観察してみた所、決定的な違いが!!!
オイラはまず、底まで沈める。ここまではおじさんと一緒。
その後、オイラは大きくシャクり、また底まで沈めてまたシャクるの繰り返し。
んだが、おじさんは底まで沈める→軽く巻く→軽く巻く→軽く巻くの繰り返しで時折少しシャクる程度。
コレダ!っと思い早速マネしてみるが、全くダメ。。。。
結局、年期の違いかと・・・トホホ。



結局この日はマメイカ2ハイで終了。
何故かハマるマメイカ釣り。今期あと何回来れるか微妙な所です。

体調不良です・・・

体調不良の為、暫く釣りに行ってません・・・・orz
先日から続く腹痛と微熱。
一時は焼肉屋さんで食べたユッケにヒットしたのかと思いましたが、食中りとは違う感じ・・・
早く回復して釣りに行きたいっす。

DSCF0008.JPG

画像はウチの”ぴっぴ”です。関係ない画像でスイマセンw

<< 前のページへ |  1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7  |  8  |  9  |  10  |  11  |  12  |  13  |  14  |  15  |  16  |  17  |  18  |  19  |  20  |  21  |  22  |  23  |  24  |  25  |  26  |  27  |  28  |  29  |  30  |  31  |  32  |  33  |  34  |  35  |  36  |  37  |  38  |  39  |  40  |  41  |  42  | 43 |  44  |  45  |  46  |  47  |  48  |  49  | 次のページへ >>

釣り情報ポータルFish/up
◇釣りの検索◇釣りバカサーチ
釣りガイド
IRIE-TIME
北海道 旭川サーチエンジン

旭川鮭鱒会
Street Bikers
SnowBreeze
旧魚狩団
魚狩団