<< 前のページへ |  1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7  |  8  |  9  |  10  |  11  |  12  |  13  |  14  |  15  |  16  |  17  |  18  |  19  |  20  |  21  |  22  |  23  |  24  |  25  |  26  |  27  |  28  |  29  |  30  |  31  |  32  |  33  |  34  |  35  |  36  |  37  |  38  |  39  |  40  |  41  |  42  |  43  | 44 |  45  |  46  |  47  |  48  |  49  | 次のページへ >>

紋別港北防波堤手前の大物クロガシラ

 またまた更新が遅れましたが6/27日の紋別港
 の様子です。
 今回は、毎度御馴染みの紋別第三埠頭から
 変わって、紋別北防波堤の手前での釣行です

 実は、ここ北防波堤付近は定期的に船が入港
 してくる為、地元の方でもあまり入らない場所
 だったりします。
 今回も、第三埠頭の様子を見てきたんですが
 2時間も粘るが一向にアタリナシ・・・との情報。
 ならば、ここしか無いべということで来ました。
 更に、この場所は去年からのお気に入りの
 場所でもあり、今年入釣するのが初でもあります。
 


今回は、投げの他にブラーアブラコアイナメ)なんかも狙ってみようかと。
投げで、ぶっこみつつブラーで岸壁間際を攻めること、数分でアタリが!
っと、しかも結構強い引きだ!なんだなんだと思えば20㎝程のカジカでしたw
もっとデカくなってから戻って来いよと言い聞かせリリースするも、立て続けにカジカの子供ヒット。



その後、ビックラの一撃が!
その後も岸壁間際を探ってみるが、急に重たくなり根掛りか!?と一瞬思うが、イヤイヤ違う!デカい何かが掛かった
のである! しかも大暴れw
なんだなんだと見学のおじさんも近寄ってくる。
そして、ゆっくり顔を出してきたのが↑の画像のクロガシラである。
岸壁間際で、しかもショボイ色の剥げたブラーに掛かるとはビックラ! 最近大物に恵まれて無かっただけに
嬉しい一匹となりましたw 目測ですが、35㎝ほどありました。(たばこの箱を貸してくれたおじさんありがとう)
後で調べたんですが、クロガシラは岸壁にも接岸する習性をもった魚種だそうです。



その後も投げ竿にもアタリがあったが全てマガレイの手の平サイズで、全てリリース。
それにしても、去年あれだけ調子の良かったコマイが今年は全然と言っていいほどダメです・・・orz
去年が良すぎたのか、今年がダメ過ぎなのかは不明ですが寂しいもんです。

テカ、何が起こるかわからない北防波堤・・・・おもしろすぎます。
暫くはここでの釣りが中心になりそうです。

苫小牧港の大物クロガシラ

 本日は苫小牧へ出張です。空いた時間に
 苫小牧港の様子を見てまいりました。
 いつもは忙しい苫小牧方面の出張だが、珍し
 く空き時間が出来き、ラッキーでしたw
 フェリーが入港してるなか多くの釣り人が釣り座
 を構えています。
 近くの釣り人に様子を窺ってみたところ、カレイ
 特にクロガシラ狙いのようでした。
 っと、雑談最中に大きなアタリがきました!
 っと、見事にフックオン!そして見ていても分か
 るぐらいの大物です!
 そして、海面から顔を出したのがこれまたでっ
 け~クロガシラでした。





サイズを測ってビックラ!37センチ!!いつも、紋別港や日本海で手の平サイズばかりのオイラにはモンスターサイズですw
更に、詳しく最近の様子を尋ねたところ、数は釣れないがこのぐらいのサイズが多いとか・・・・
また、稀ではあるが50に届きそうなクロガシラまで釣れるそうな・・・・

結局はこの日は竿を出す時間が取れず、見るだけで終了・・・・テカ、ストレスがたまりましたw
今度は休日にでもゆっくりと訪れてみようかと思います。

留萌三泊埠頭・古丹浜埠頭のマメイカ釣り。


(更新が遅れましたが6/24の釣行です)
またまたやってきました留萌。今回最初に訪れた場所
三泊埠頭です。狙うは勿論マメイカでございます。
ここ三泊埠頭は大型船がしばしば入港し、立入禁止と
なることがあります。
また、この埠頭は石炭置き場になっていて辺り一面が
石炭粉まみれなので、うっかり魚を落としたり転倒すると
大変な事になってしまいますのでご注意を。

そして今回はマメイカの釣り方をギッシリとgoogle先生に
教えてもらってきたので早速実戦です。


 google先生によるとエギで狙う場合、キャスト後確実に底までエギを沈めて
 その後、大きくしゃくる→また底まで沈めるの繰り返し。
 マメイカシャクリの後の沈んでいく所を狙って抱きつくらしい。
 そして、沈み方に変化を付けるため、←画像のように(分かりずらいが)エギ
 体の重りの部分に糸鉛を巻き若干重たくする。すると、海老が敵に追われて
 急潜航するような動きになり、イカも黙っていられなくなるらしい。
 
 そして最も気になる記事が・・・
知識の宝庫、目がテン!ライブラリー」より抜粋↓
イカの水槽にルアー(疑似餌)を入れてみたところ見向きもしなかったのに、ルアーにイカの好物のエビの味をつけてみたところ、ルアーを捕まえ離そうとしないのです。なぜでしょう?実はイカの吸盤には舌の役割もあるというのです!。なんと触るだけで、えさかそうでないかがわかってしまうというすぐれものの感覚器!イカの腕にはエサを捕まえる知恵がつまっているんですね。」


 ←噂のエギマックス
 なっなんとエビの味がっ!ってことで探せばありました「EGIMAX
 キャッチフレーズが抱いたら離さないwwwウケル。
 物好きなんで買ってみましたw
 決して人間が好む臭いではないと分かっていながら匂ってしまうww
 強烈な臭いですwww
 こいつをエギにスプレーするワケです。
 上記の目がテン!様の言う通りなら抱いたら離さないハズですw
 早速コイツを試してみることに。






エギマクッスをスプレーしまくって、いよいよ釣り開始。
周囲を見回してみるが、依然と混みあっているものの、釣れてる様子はありません・・・
そして、今回マメイカ釣り初参加の魚狩団@sachiに上記の釣り方を説明。
その数十分後、なにやら騒ぎ出す魚狩団@sachi。
「なんか釣れてる~~」とか言ってるしwww
どうせ、藻でも引っ掛ったんだろうと期待せずに振り向くと、見事にマメイカゲット!
オイラとhiroさんを差し置いて一歩リードでご満悦顔の魚狩団@sachi.。



その後、hiroさんもマメイカゲット!その時話していたんだが、ヤリイカなのでは・・・!?っと。
だが、周囲では全く釣れている気配はありません。
それから暫くしてオイラの竿先に妙な重さを感じる・・・・
何気に巻いてみると、ピューピューと漏斗から海水を噴射しながら顔を出してきましたw
一安心のオイラ・・・正直ほっとしました。

 その後、想定外の雨に見舞われ石炭粉がグチャグチャドロドロに・・・トホホ。

その後、ピタリと釣れなくなりもう群は去ったのかと・・・・一同ガックリさん。
昼食を済ませ、足場の綺麗な古丹浜埠頭へ行ってみることに。



早速、竿を振る魚狩団メンたち。
暫くして、hiroさんゲット!
それをきっかけに俄然とやる気の出るオイラたち。
だが、竿を振れども振れどもまったく釣れる気配なし・・・周囲で少し釣れてるが稀な感じです。
その後、hiroさん痛恨のバラシで今回の釣りは終了となりました。



一つ気になるのが「エギマックス」の効果である。
なんとも言えないが、周囲では殆ど釣れていない中メンバー全員に釣果があったのはただの偶然か!?
来週も検証してみようかと思います。

 今回の様子をご覧になる方はコチラをクリッコ!

日進ダムのニジマス釣り。

風連ダム 本日は名寄近郊の旧名日進ダムへ急行。
 仕事でドタキャンを喰らい、昼休みとあわせて
 2時間ほど時間が出来たので釣しかないとw

 到着して驚いたが、釣り人が4人も入ってい
 ます。釣り場も狭いんで対岸のチョット空いた
 場所から入ってみた。
 
 最近お気に入りの3gヤマメカラースプーン
 で攻めてみることに。
 数回目で追ってくるニジマスらしき姿を目撃。
 その後もキャストを続けるも全くアタリなし・・・
 色を変え、形も変え動きにも変化をつけるが
 カスリもしねーっす・・・・
 

ニジマス

どうしようもないんで、ウケ狙いでタスマニアデビルを投入するとコレがビンゴ!
一発目でヒット!型は20㎝に満たないニジマスの子でした。
その後もキャストを続けるがアタリはあるもののなかなかフックオンしません。
タスマニアデビルだとフックを変えるのが一苦労なんで現地では変えませんでしたがちょっと改造してシングル
フックにでもしてみようかと思いましたw

留萌古丹浜埠頭のマメイカは何処へ!?

古丹浜埠頭のマメイカ早朝から張り切って古丹浜埠頭マメイカ
狙いに来ました。
予定では三泊埠頭へ行く予定だったが
大型船が入港中の為、立ち入り禁止・・・
その影響か、古丹浜埠頭マメイカを狙う
釣り人でごった返していました。
入る場所すらない状態・・・
帰り支度している釣り客を発見し、運良く場所
を確保。
帰り支度中のおじさんに状況を尋ねると
全くダメの一言・・・・イヤな予感・・・
つーか、周囲でも釣れてる様子は全く無し。

噂ではピンクのエギで爆釣だったと小耳に挟み
使ってみるが、全くダメ・・・orz

結局、昼まで頑張ってみるがボで終了・・・
何度か追いかけてくるのは見えたんだが、
抱きついてくれないし・・・
先週の中頃までは凄く調子が良かったそうです。
こりゃ来週リベンジだなって事で帰宅w

i石狩川石狩川のカジカ

帰宅するも、なんだか不完全燃焼・・・・
ニジマスにでも遊んでもらおうかと石狩川へ繰り出してみた。
イイ感じの深みがあるポイントへ行くも、少年たちがキャッキャと大騒ぎ。
急激に深くなっている所があり、水深2m以上は有るかと思われる付近を遊泳・・・
流石に危ないんで止めておけよと注意。
意外と素直なKIDS達でキャッキャと浅瀬に行きました。

暫く竿を振ってみるがここでもダメ・・・・
結局カワカジカが慰めてくれた程度で終了・・・
最近でっけ~魚さん釣ってないな↓
<< 前のページへ |  1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7  |  8  |  9  |  10  |  11  |  12  |  13  |  14  |  15  |  16  |  17  |  18  |  19  |  20  |  21  |  22  |  23  |  24  |  25  |  26  |  27  |  28  |  29  |  30  |  31  |  32  |  33  |  34  |  35  |  36  |  37  |  38  |  39  |  40  |  41  |  42  |  43  | 44 |  45  |  46  |  47  |  48  |  49  | 次のページへ >>

釣り情報ポータルFish/up
◇釣りの検索◇釣りバカサーチ
釣りガイド
IRIE-TIME
北海道 旭川サーチエンジン

旭川鮭鱒会
Street Bikers
SnowBreeze
旧魚狩団
魚狩団