<< 前のページへ |  1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7  |  8  | 9 |  10  |  11  |  12  |  13  |  14  |  15  |  16  |  17  |  18  |  19  |  20  |  21  |  22  |  23  |  24  |  25  |  26  |  27  |  28  |  29  |  30  |  31  |  32  |  33  |  34  |  35  |  36  |  37  |  38  |  39  |  40  |  41  |  42  |  43  |  44  |  45  |  46  |  47  |  48  |  49  | 次のページへ >>

真夏のカラフトマスフィッシング!

網横は凪ナギ8月に入り、ようやく上向き始めたと聞こえてきたカラフトマスを狙いに、最初に向かったのは興部の有名河口右岸。
AM5:00過ぎ右岸堤防に到着。左岸には結構な台数の車がみえます。が、河口には4~5人しかいません。
早速準備し釣り開始となりましたが、場所移動なのか入れ替わりで去っていく釣り人も姿も・・・
まぁ、有名河口なだけに釣れていればこんなに閑散としているハズがないのでなんとなく状況がつかめました。
その後、網横を狙ったりと徒歩でウロウロしてみましたが、魚の姿を確認する事無く場所移動を決めました。

激熱のカラフトマス近くのマイナーな河口ポイントを覗くといたいた!20~30の群れが波打ち際を右往左往してます!・・・・ん!?でもよく見ると既に変色気味・・・棚を浅めに取り暫く狙ってみるが見向きもしません。それでも沖を狙い深い棚に変えた所でヒット!だが、一歩手前でバラシ・・・続いてもバラシ・・腕の悪さを痛感しました。
そのポイントで11:00頃まで粘るが、諦め場所移動としました。

ナイスファイト軽く飯を食い、暑さにやられウェイダーを履くのもイヤなんで漁港の様子見です。そこにでブロガーのYさんと、Mさん親子に偶然お会いしました。
状況を聞くと跳ねてるのは「ボラ」らしいとの事ですが、確実にマスの姿も確認。
外海ではYさんが跳ねを発見!ダメモトで私も外海を狙ってみる事にしまた。
確かに頻繁に跳ねていますが、どうやら魚影はそんなに濃くない様子。同じ魚が何度も跳ねているかのようでした。
テトラの上でビビりながら、棚を何度も変えて探ります。
ちょうど、1.4メートル程の棚にセットしたところで、ウキに変化が!ポヨポヨ・・・スゥーっとウキが入った!

オリャっとアワセを入れ、なんとかヒット!Yさんがタモ入れをしてくれて、無事ゲットとなりました。Yさんありがとうございました!
まだまだ綺麗なほうのオスのカラフトマスです。オスの割にはサイズは小さめで50㎝っちょっと。
まだ跳ねも見えたのですが、上空を覆うゲリラ的な雨雲と時間に押され14:00頃終了としました。
8月にはいり、ここにきてやっと上向いてきたと感じました。
漁網にも3ケタ入る日もあるとかで、お盆の網揚げ祭りにやや期待感がでてきました。

雄武海岸でカラフトマスゲット!

雄武有名海岸先日、雄武町の有名河口海岸へ短時間勝負ではありますが、カラフトマス狙いで行ってまいりました。
正午を過ぎた頃で釣り人は2人。話しかける間もなく帰って行きましたがそれぞれの手に持った袋の中にはカラフトマスらしき姿がありました。
早速、縦網の右側でウキフカセを投入。棚は80cmほど。
様子を窺っていると、スポっと勢いよく沈んだ!が、早合わせはいけない・・・なぜなら確実にウグイの仕業だからである・・・
しかも狙いたい、波打ち際に湧いてるようで、餌がいくらあっても足りないべと、網の左側へ避けるように移動したのです。


フレッシュカラフトマス!左側は餌取りが少ないのか、幾分落ち着いた釣りが出来るが左側ではあまり釣ったと言う良い話は聞かない・・・
そんな事を思ってる間に、ウキがズポーーーっと入るが様子が変。
ウキがどんどん引っ張られてる・・・!
おりゃっとアワセを入れると乗った!!!
波打ち際でのヒットですぐにゲットとなりました。
まだなんとか綺麗な魚体を保ってくれていた49cmのメスのカラフトマスでした。

今シーズンのカラフトマスは出足好調かと思われましたが、7月下旬になると何故だか釣果も落ちてきて、更に各所で網も入った事からさらに厳しさを増したような気がします。
網にも纏まった数が入っておらず、網上げ祭りがどうなるのか今から不安を感じてしまいます。
去年が去年だっただけに、その不安を吹き飛ばしてくれるような吉報を待ちたいと思います。

【2011】カラフトマスフィッシング開幕!【大会編】

カラフトマスフィッシング!久々の更新です。
仕事に追われてプライベートも大会の準備などで、更新が滞ってしまいました。
さて、いよいよカラフトマスシーズンの開幕です。
6月下旬から始まった北オホーツクに続き、7月の上旬には釧路・斜里方面などで釣れたとの情報がありましたが、やっと雄武近辺でも釣果が聞こえてきました。
7月24日には旭川鮭鱒会の開催する「第一回カラフトマス大会」が行われました。
その時の様子は、コチラに詳しくありますので、当サイトは簡単なレポートに留めておきます。

カラフトゲット!当日は潮回りが悪く、どのポイントでも苦戦を強いられていました。
10:30過ぎ、計量時間も間近とあって、諦めムードが漂う中、鮭鱒会副会長が連続で2本ゲット。
いきなり優勝候補者となったわけです。
それにしても、薄いピンクをまとった7月のカラフトマスはとても美しい。

ゴミ拾い計量時間になり、副会長の優勝が決定。二位以下が出なかったのがとても残念でした。
賞品は次回大会に持ち越しになります。

大会終了後には参加者全員で、釣りをさせてもらえる事に感謝の気持ちをもって周辺漁港のゴミ拾いを行いました。


2011-07-24-0009.JPGさすがに、港内全域とはいかず、狭い範囲でしたがゴミ袋11枚分のゴミが集まりました。
サケマスシーズンが本格化すると、僅かではありますが、ゴミを置き去りにする心ない釣り人が現れます。
私も含め、皆様の趣味である楽しい釣りを末永く続けられるよう、皆さんのご協力をお願い申し上げます。

大会終了後も熱かった!実は、大会終了後に釣果を出した仲間が2名いました。
13:00頃に1本、14:30頃に1本15:00頃に1本と、計3本も出ました・・・・(管理人は14:30には帰路につきました)
早朝からこのポイントに入っていれば、入賞が大幅に増えていたかもしれません。

【2011】留萌三泊埠頭でマメイカ爆釣!

三泊埠頭今回予定していた屈斜路湖遠征がまたも中止となり、先日マメイカが好調だったのを思い出し行き先を急遽変更。
マメイカ釣り初挑戦のKG氏と共に向かった先は、マメイカの一級ポイントである三泊埠頭。(通称石炭埠頭)
到着したのが14:00頃。大型船の入港もないようで、隙間無く並んだ車列を確認。
もしかして入る場所無い!?っと思ったが、一台入れる場所を発見。両隣の方にあいさつをして間に入れてもらいました。
KG氏もご満悦この日は曇り予報で若干雨の心配もしたが、なかなかの天気で絶好の釣り日和となり、屈斜路湖に未練のあるKG氏は行けたんじゃね~のかぁ~!? 今から行こうぜ~!っとタラタラです。
それでも開始一発目からマメイカゲットでご満悦の様子のKG氏でした。

管理人も早速開始で、同じく一発目からマメイカゲット。前回同様、マメイカの魚影が濃いようでワンキャストワンヒット!というか、空振りするほうが稀な程釣れます!

イカもっさり!マメイカは岸壁から3~4mの底付近を回遊しているようで、遠投をしないちょい投げでフォール中に掛ってくるのを狙うほうが断然効率が良いようでした。
フォール中にさらにアクションを加えると更に良い感じでした。
稀に、水面近くまでまでエギを追ってくるマメイカの集団もあり、エギに抱きつく瞬間も見れたりと、不思議なイカの動きをじっくり観察することができ勉強にもなりました。

結局飽きっぽいKG氏がもう十分じゃね!?っという事で16:30頃終了。
約、2時間半の釣りでしたが、KG氏多分20杯ぐらい、管理人60杯と十分な釣果でした。
イカが石炭粉まみれになるので、ちゃんとした画像が撮れず・・・
最後まで沖漬にしたかった・・・とブツブツ言うKG氏でした。


留萌でマメイカ釣れています!

留萌某所6月9日、留萌方面で仕事を終えた17:30頃、何気なく留萌某所へ向かった。
釣り人は5人。なにやら怪しげなタックルで忙しげにしております。
釣れているのはなんとマメイカ!
留萌のマメイカといえば、三泊埠頭や古丹浜埠頭が有名だが、こんなサラリーマンが忍んで昼寝に訪れるような場所でもマメイカが釣れるなんて衝撃的でした。
こりゃ一発私も参戦するしかありません。

マジ入れ食い!時期が時期なだけに、もしかして!?と、エギもしっかり持参してたのです。
そしてファーストキャストでゴミでも引っ掛かったような感覚・・・
引き上げてみるとマメイカでした!
こんな調子でワンキャストワンヒットを繰り返し、数十分で画像のような釣果。

29杯でござる!それからも絶好調とはこの事か、空振りする事のほうが稀な勢いでした(笑)
1時間ちょい経ったころ頃でしょうか、ぽつらぽつらと雨が降り、止む無く撤収いたしました。
実家へ寄り、数を数えたところ29杯の釣果!
以前に何度かマメイカを釣りにきていますが、これ程釣れたのは初めての経験。
5人で来て、1日粘ってトータルの釣果が4~5杯だったなんて事もありましたが、今季は魚影の濃さがハンパないようです。
近日また来てみたいと思います。

それにしても携帯電話のカメラでも意外と綺麗に撮れるもんなんだな~っと、最近つくづく思います。

<< 前のページへ |  1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7  |  8  | 9 |  10  |  11  |  12  |  13  |  14  |  15  |  16  |  17  |  18  |  19  |  20  |  21  |  22  |  23  |  24  |  25  |  26  |  27  |  28  |  29  |  30  |  31  |  32  |  33  |  34  |  35  |  36  |  37  |  38  |  39  |  40  |  41  |  42  |  43  |  44  |  45  |  46  |  47  |  48  |  49  | 次のページへ >>

釣り情報ポータルFish/up
◇釣りの検索◇釣りバカサーチ
釣りガイド
IRIE-TIME
北海道 旭川サーチエンジン

旭川鮭鱒会
Street Bikers
SnowBreeze
旧魚狩団
魚狩団